忍者ブログ
ADMIN / ENTRY
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
[12/02 長そで]
[10/03 カロ・クレド]
[11/24 長そで]
[11/16 嫁子]
[11/10 長そで]
プロフィール
HN:
長そで with BB@鉄板 and イリアス
性別:
男性
趣味:
見たまんま&それぞれに他多数
自己紹介:
・長そで
石川県在住の神姫マスターにして、玩ヲタの卵。高校二年で神姫に目覚めた、色々致命的な人。決して高くないバイトの給料を玩具に注ぎ込む駄目人間。兄貴分どころかもはやお義父さんであるBB@鉄板を尊敬と畏怖を込めて"店長"と呼んだり呼ばなかったりする。
長そで宅の神姫達
縒玖良と愉快な?爆丸たちシリーズまとめ

・BB@鉄板
兵庫県在住の大学生神姫マスターにして、ひよっ子モデラー。現在、諸事情により更新を無期休止中。
BB@鉄板宅の神姫達

・イリアス(いりあす)
神奈川県在住のT大生神姫マスターにして、そこいらに転がっている自称作家予備軍。バトロン終了に伴い、今後の身の上について目下悩み中。上の二人を呼んだり呼ばれたりする際は唯一呼称を変えたり変えられたりする。
ただいま就活中で更新頻度激落ち。

(c) 2006 Konami Digital Entertainment Co., Ltd.
当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しています。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
~手のひらサイズの娘達~
<<  2019/09  >>
1 2 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 
[1046]  [1045]  [1044]  [1043]  [1042]  [1041]  [1040]  [1039]  [1038]  [1037]  [1036
2016/06/22  01:07:06

てわけでAK前後交遊録です。

長そでは前日わりとサクッと寝たので、当日いつも会社行くぐらいの時間に無事起床し、
星矢の一挙を横目に支度して出撃。
いつものロッカーでこるとと遭遇し、直後にヨドで携帯見てたサンちゃんともサクッと合流。
こるとがスマホモの充電ケーブルをころしてしまったらしく、代えを買うのをぼーっと眺めた後、
僕とサンちゃんだけ一旦別行動してメロブでお買い物後、再度ヨドで合流。
この時こるとは既に御大と合流済みだったのでここで四人になり、ちょうどお昼時に差し掛かりつつあったので、
込みだす前にとアキヨドの8階でお昼ご飯。
それぞれに丼とかパスタとかくったあと、微妙に満たされない腹を野郎四人でパンケーキを突いて満たす。

昼食後はラジ館でいつものようにショッピングしたあと
こるとの「肉横丁行きたい」、サンちゃんの「じゃあハンズ行きたい」という意向で渋谷へ。
前に一度ふぐりに連れてきてもらったことがあったので、わりとスムーズにハンズへたどり着き、
夕食時まで上から順番に時間を潰します。
ハムスターとかウサギとか鳥とかかわいいけど、遊びに行けなくなるから一人暮らしじゃ飼えないなぁ。
ちなみに長そではここでアクセサリー小物のパーツとかをちょろっと買ったりしました。

ハンズを出た後は、こると待望の肉横丁へ。
このときまだ四人でしたが、席についてほどなくして日中も生産をしていたというふぐりも合流。
しかしキャリーの幅がすごいことになってて周りのお客さんに睨まれまくりであった。
車輪とよそのお客さんのテーブルのお肉があわや接触事故ってレベルに大接近しててヒヤヒヤ……。

なお肝心のメニューはお肉とてんぷらメインで実に満足。
特に肉の天ぷらはわかりやすく男の子のニーズ満たす感じでうましうましでした。
あと肉の炙り寿司!寿司とかこの生活になってからほぼ帰省した時しか食えない何かなのでありがたすぎう。

夕飯後は秋葉に戻ってひむと荷物を回収し、久々に馬喰町の宿へ。
ほぼ一年ぶりの宿に、もはや帰ってきた感すら感じつつ、神姫ing神姫ing。








璃縒「お久しぶりですねコトハさん」

縒良「むっっ!ことはん、なんか透けてない!?」

女子会勢。




今回は昼間ふぐりが生産していたというトレーニングハウスが卓上で建設。
早速遊び場になっています。




フォス「僕たちなんでいっつも並べられるんだろうね……」

白いショタたち。




スレィト「ユキねーちゃんだー! えっへへー☆」

スレィトはほんとすっかりユキさんに懐いたな。




スレィト「え、なに?これ挟めばいいの?」

ちゃらおにピンク色の棒状の物体を挟まされる二人。
どうしてそんなグッズ持ち歩いてるんですかきみは!!!!




縒玖良「お~まわる~」

久々の再会ではしゃいで遊びまくるなかよし。コンビ。




あっ




カナシイジコダッタノデス……




縒玖良「(ムスー」

この二人が喧嘩してるところって珍しいな……。

縒玖良「けんかじゃないしー、うちがいっぽうてきなひがいしゃやしー」

お前意外にめんどくさいな娘よ。




アリサ「現場は見てないが、わざとじゃないんだろう? ほどほどで許してやれよ」

縒玖良「むー……」

陽菊「ユウも元気だしてー」




そして急接近して仲直り。

縒玖良「んにゅ……わかった、わかったもういいってー」




縒名「あれ、ひーちゃん今日は一人?」

今回は珍しくもねこ団長がお留守番だったので遊び相手がいないひーちゃんであった。




ちっぱいおっぱいグラデーション!
はさまれたい!

前日夜はそんな感じで老けていき、ちゃらおとゲートオープン界放したり、
こるとのダイアバトルスマーケティングに御大ともどもハマってみたりしたあと、二時前には就寝。
この宿を一番利用していた頃は、みんな朝方まで起きてて……あっ、この話やめよっか。





翌朝はほぼ予定通りの時間に起床。
四人組もばっちり起きてます。




ここで見る朝の景色もなんか懐かしいなー。

ラースタ「そうだねー」

スレィト「みんなあたしが知らない思い出があるんだねー。いいなー」

ラースタ「スレィトだって、まだまだこれからだよ♪」


そんなこんなで先に出発した御大を除く残りの五人も遅れて出動。
無機あんこる組はタクシーですが、人数的にあぶれるということでちゃらおだけは電車移動。
そう、やつはお菓子屋はこめい。

会場到着後、搬入開始よりだいぶ早くついてしまいぼーっと待機する羽目になるも、
開場後は設営もスムーズに完了し余裕の構え。
ちなみに僕は今回もおやくそくのあんこ社バイトです。
我ながら在庫周りは展開も撤収ももうふぐりの指示ほとんどなしで動けてて吹く。

あんこ社はいつもの銃器に加え、前日の宿でも展開していたトレーニングハウスが早速お目見え。


うちの子たちもこの辺で適当にたむろしてました。
あ、ユウちゃんは縒玖良の嫁なのでうちのこという表現で間違ってません。




フォス「ここは机高くてシャレにならないから、転がしたりしたらダメだよ」

縒玖良「わかっとるし!」




こちらは今回は展示のみの試作品、見張り台。
個人的にはこっちがかなり気になります。

縒良「はははー、絶景かな絶景かなー!」




縒名「なんか秘密基地みたいで楽しいねー」

璃縒「おやつとか飲み物とか持ってきたいですね」




アリサ「ほっ! ぶら下がってもビクともしない、流石はアリサと同じUnder Construction製だな!」

陽菊「(アリサと同じ~って言いたかったんだねー)」





隣は例によってこるとのk-works。
今回も大盛況の開幕17分完売でした。




ウソみたいだろ……17分で完売する超売れっ子なのに、こんなキ〇ガイディーラーなんだぜ……




そしてシノ袋に研究されるフォっちゃん。

フォス「ちょっ、待っ、やめ、いたっ」




そして爆破されるフォっちゃん。

美來「これから毎日フォスを焼こうぜ?」

フォス「なんで!?」




迫る変態。




午前中必死で列整理したり、なけなしのお金で買い物したり、店番したりしてる間に、気が付けばもうすぐ閉場時間。

ラースタ「今回も人多かったねー」

そうなー、やっぱり回を追うごとに人も増えてるよねー。
あとk-worksの列も毎回パワーアップしてる気がする。

ラースタ「近距離で列二本並ぶから整理大変そうだったね……」

ラーちゃんだけだよ……。


そんなこんなで閉場後は長そではせっせと主にスペースのバックヤード側をお片付けし、
展示周りはふぐりが片づけ、撤収撤収。
しかし今回はスペースを大きめにとったためか、見事に最後まで居残る形になってしまいました。
手が空いても展示側は流石に僕には手を付けられんのじゃ……すまんのう……。

撤収後は無機あんこるはこめい組で打ち上げへ。
ちなみに御大は別の打ち上げへ行かれるとのことでした。

こちらの打ち上げ会場は大衆酒場ちばチャンの上野店。
名前は聞いたことがあったもののどんな店かはよく知らなかったのですが、まさかあんなすごいものが出てくるとは……。


ラースタ「わーお……」

まずこれがサンちゃんが注文したウーロン茶の「ばか盛り」です。
いわゆる大ジョッキ、でかい。
サンちゃんもユキさんを並べて「ユキさん縮んだ……?」と言ってしまうほど。




ラースタ「ちきんかーつ♪」

こちらチキンカツ。
これはサイズの指定はなくこの大きさで固定なのですが、それでも十分なボリューム。


そして極め付け



ラースタ「く、くれいじー……」

から揚げの大ばか盛り。
チバ曰く「男三人ぐらいで食べられるサイズ」とのことで、このときは合計9人だったので
他のメニューを頼むことも考え9人で2つ頼んだのですが、
このサイズなので準備にも時間がかかるようで、テーブルに届くころにはみんなひとしきり食って腹もそこそこ埋まってきたタイミング。
みな最初はビビりつつもわっしわっし食うのですが、流石に手が止まっていき、
最後は下に敷かれた揚げ麺をたまにつまむだけの生き物に……。

しかしご安心、この店では残ってしまっても透明パックでお持ち帰りさせてくれるということで、
から揚げは無駄にならずに無事にお持ち帰りされたのでした。

でもやはり店で全部食べきれなかったのは心残り……いつかこれを店ですべて食べきりたい!
求ム同志!!!!(いつ?



さて、油分オーバードーズで腹が満たされた後はメロブにちょろっと酔った後解散。
僕とサンちゃんは例によってふぐりんちにお泊まり。


ラースタ「ふー、さて一日の終わりにユキさんチャージ!」

スレィト「ユキねーチャージ!」




ジャイロキャノピーに乗るなかよし。コンビ。

縒玖良「アリサがバイク乗っとるの見たことあるはずなんに、いざ乗ってみるとよくわからん……」




哺乳類。落ち着くみたいです。

スレィト「ふふふん、ユウはかわいいなー☆」

だからお前よりはるかに年上だぞユウちゃん、




性懲りもなくバイクに乗るなかよし。コンビ。
ユウちゃんはしっかり捕まって準備万端だ!

縒玖良「(でも……動かし方わからん……)」




最近は免許取得に奮闘中のふぐり。
家にもそこら辺中にバイクなおもちゃが転がっています。

スレィト「どうどうだーりん? かっこいい?」

ラースタ「キリッ」

うちのこたちえろかっこかわいい!




ストラさんもキリッ。
みんなバイクに乗る露出度じゃないって?野暮だぜ。




ユキさんはバイクって感じじゃないので、代わりにセクシーに決めていただきますフンスフンス。

こんな感じで適当にゴロゴロ遊んでいたわけですが、
流石にここまでの準備で疲労もピークなのかふぐりが寝息を立てはじめ、
僕らも眠気がきていたので無理せずほどなく就寝。6月とはいえやっぱり夏場は体力消費がはげしいね……。


翌日は僕とサンちゃんから先に起床。
ふぐりの出勤は11時頃に~ということらしく、時間を見計らってちゃらおが起こすことを試みるも、
頑なに起きないのでしかたなくだらだらしてました。


最後に四人組で。
見事な乳グラデーションです。

ラースタ「三人とも乳はボクのです」

おい。


正午に差し掛かるころ、ようやくふぐりも起きたのでそれに合わせて出発し、
最後は駅前で昼飯の油そばを食って解散!お疲れさまでした!

さて次は灼熱の夏WF。君は生き延びることができるか!?
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 俺とお前とフィギュアロボ All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]