忍者ブログ
ADMIN / ENTRY
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
[12/02 長そで]
[10/03 カロ・クレド]
[11/24 長そで]
[11/16 嫁子]
[11/10 長そで]
プロフィール
HN:
長そで with BB@鉄板 and イリアス
性別:
男性
趣味:
見たまんま&それぞれに他多数
自己紹介:
・長そで
石川県在住の神姫マスターにして、玩ヲタの卵。高校二年で神姫に目覚めた、色々致命的な人。決して高くないバイトの給料を玩具に注ぎ込む駄目人間。兄貴分どころかもはやお義父さんであるBB@鉄板を尊敬と畏怖を込めて"店長"と呼んだり呼ばなかったりする。
長そで宅の神姫達
縒玖良と愉快な?爆丸たちシリーズまとめ

・BB@鉄板
兵庫県在住の大学生神姫マスターにして、ひよっ子モデラー。現在、諸事情により更新を無期休止中。
BB@鉄板宅の神姫達

・イリアス(いりあす)
神奈川県在住のT大生神姫マスターにして、そこいらに転がっている自称作家予備軍。バトロン終了に伴い、今後の身の上について目下悩み中。上の二人を呼んだり呼ばれたりする際は唯一呼称を変えたり変えられたりする。
ただいま就活中で更新頻度激落ち。

(c) 2006 Konami Digital Entertainment Co., Ltd.
当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しています。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
~手のひらサイズの娘達~
<<  2018/09  >>
8 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
2018/09/08  21:36:44

天帆「見てくださ~い! かわいいお洋服をいただいてしまいました~!」



縒良「頂いたて、誰に……?」

天帆「それが、あまり見かけない方だったというか……動物だったのですが~」



天帆「ゆうび……なんとかマジックとかおっしゃっていたような……」

縒良「あーなるほどアレね。理解したわー、完全に理解したわー」

天帆「?」
PR
2018/07/19  23:41:10

マイ「そういえばウサギとカメって童話あるじゃないッスか」

オキノ「ええ」




マイ「童話のウサギはカメにリードしたら油断して負けちゃいましたけど、
   オキノさんは真面目だし、絶対童話のウサギみたいにはならなさそうッスよねー」

オキノ「そうですね」




オキノ「今がどんなに満ち足りていると思っていても、
    幸せなんて油断をしたら一瞬で指の間から零れていくんじゃないかって、
    ふと不安になることも多いですし……」

マイ「オキノさん……?」




オキノ「そもそも今こんなに穏やかで不自由のない生活をしているのが
    本当に現実かなんてわからないですし……
    明日目が覚めたら全てがなかったことになってるんじゃないかなって思うと
    寝るときいつも不安に……」

マイ「い、いやそこまでシリアスな話では……」


2018/06/23  00:00:41

天帆「今日もお酒を飲んで倒れているエニフさん、突然ですが取材よろしいでしょうか~」

エニフ「うっへっへっへ……」

天帆「ありがとうございます~」




天帆「夏が近づいてから毎晩薄着で倒れてらっしゃいますが、
   恥ずかしくはないのでしょうか~?」

エニフ「うん!らいじょーぶ!減らないし死なない!」

天帆「なるほど~、合理的ですね~。
   ちなみにパンツも穿かれていないように見えましたが~」




エニフ「うぇーい! 涼しいよー!?」

天帆「なるほど~合理性重視なんですね~。
   お酒は飲んだことがないのですが、飲むと頭が冴えて合理的になるものなのでしょうか~?」

エニフ「えへぇー、いいこと言うねーまほまほ! そう、私超合理的でしょ今!
    あっはっはっはっはっはっは!」




エニフ「ははは……はぁ……うふふふふふふふふふふ……」

天帆「まぁ、よくわかりませんが、ツボだったんですね~」




エニフ「うふ……うぷっ、んんんんん………」

テクノ「……なぁ、その取材なんかの役に立つのか?」





2018/03/25  23:23:29

オキノ「あ、あの、璃縒お嬢様……」

璃縒「オキノさん?」

オキノ「す、少しよろしいでしょうか……」




オキノ「……」(キョロキョロ 

璃縒「ど、どうしたんですか」

オキノ「その、他の方々にはできるだけ秘密にしていただきたいのですが……」

璃縒「はい……」




オキノ「その……実は今日はみなさんの洋服を洗濯していたのですが……
    干しておいたはずの私の……その……ぱ、ぱんつが……いつのまにかなくなってまして……」

璃縒「え……そ、それは……」

オキノ「あっ、いえ、今日は窓も開けてましたので、多分風で飛んで行っただけだとは思うのです。
    でも、その、ええと……私のぱんつは、実は、その……皆さんのより少し……大きいサイズでして…………
    恥ずかしいので、できればあまり人に見られないように探し出してしまいたくて……」

璃縒「な、なるほど……」






縒玖良「まほまほー、見て見てーー!」




縒玖良「なんかでっかいぱんつ拾った!」

天帆「まぁ、これは確かに少し大きめですね~、どなたのでしょうか~」



璃縒「…………オキノさん、もしかして……」




天帆「失くして困っているかもしれませんし、一緒に持ち主を見つけてあげましょうか~」

縒玖良「うん、そやね!」



オキノ「…………」(ふるふるふる 

璃縒「オキノさん……」


2018/02/20  23:11:45

オキノ「取材、ですか……?」




天帆「はい~、 いいお話を書くには、
   何より色々なことを見聞きして見聞を得るのが一番だと思いますので~」

璃縒「ということらしいです……」




オキノ「でも私、とくに参考になりそうな面白い話は特には……」

天帆「大丈夫です、些細なことで構いませんので~。
   乙女が何気ない日々の中で感じる小さな喜びや悩み、きっと参考になります~」




オキノ「な、悩み……」

天帆「あら?」




天帆「オキノさん、もしやお尻に何かお悩みでも?」

オキノ「ひっ……!? ち、ちがいます! きのせいです!」

璃縒「(オキノさん……)」



Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 俺とお前とフィギュアロボ All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]