忍者ブログ
ADMIN / ENTRY
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[12/02 長そで]
[10/03 カロ・クレド]
[11/24 長そで]
[11/16 嫁子]
[11/10 長そで]
プロフィール
HN:
長そで with BB@鉄板 and イリアス
性別:
男性
趣味:
見たまんま&それぞれに他多数
自己紹介:
・長そで
石川県在住の神姫マスターにして、玩ヲタの卵。高校二年で神姫に目覚めた、色々致命的な人。決して高くないバイトの給料を玩具に注ぎ込む駄目人間。兄貴分どころかもはやお義父さんであるBB@鉄板を尊敬と畏怖を込めて"店長"と呼んだり呼ばなかったりする。
長そで宅の神姫達
縒玖良と愉快な?爆丸たちシリーズまとめ

・BB@鉄板
兵庫県在住の大学生神姫マスターにして、ひよっ子モデラー。現在、諸事情により更新を無期休止中。
BB@鉄板宅の神姫達

・イリアス(いりあす)
神奈川県在住のT大生神姫マスターにして、そこいらに転がっている自称作家予備軍。バトロン終了に伴い、今後の身の上について目下悩み中。上の二人を呼んだり呼ばれたりする際は唯一呼称を変えたり変えられたりする。
ただいま就活中で更新頻度激落ち。

(c) 2006 Konami Digital Entertainment Co., Ltd.
当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しています。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
~手のひらサイズの娘達~
<<  2017/06  >>
10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 
[172]  [171]  [170]  [169]  [168]  [167]  [166]  [165]  [164]  [163]  [162
2008/05/24  20:42:54
ライトアーマー、夢魔型装備だけウェポンセットにしてくれればいいのに、と思ったけど、瑳音の場合絶対装備しないんだろうなという結論に至り、我に返る(ぉ

そんなわけでここ最近多少潜ってますが、長そでは健在です。
むしろ、これまでのペースがいろいろイレギュラーだっただけ(ぉ

さて、今日は数日前に発掘したあるものを


080524na1.jpg








ベータミゼット。
ヲタク育成雑誌(笑)と名高い、今亡きコミックボンボンの読者なら、ちょっと見覚えがあるかもしれないアクションフィギュアです。
そしてもう一つ驚くべきなのは、このベータミゼット、優秀な可動範囲と拡張性を持った素体でありながら、なんとガシャポン売りの商品なのです。
つまり、200円という凄まじいコストパフォーマンスの持ち主ということ。
現在は原油高でカプセルが小型化までされちゃうようなガシャポン業界ですが、まだ原油高も何もなかった発売当時(2002年)としても、このコストは驚きです。






080524na2.jpg







腰が回せるアクションフィギュアは、やっぱり動かしてて楽しい。


ちなみに可動素体としては、コストを抑えるためかかなり簡素な作りになっており、多少耐久性や保持力に難はありますが、ボールジョイントの多用により、グリグリ動きます。
肘部分などは、ボールジョイント一つの関節になっていますが、これにより、上腕に左右ロール軸を設けずとも肘下を自由な方向の向けられるようになっている上、二十関節には劣るものの、肘も90度以上曲げられるようになっています。
単純ながらも、コストと可動を両立させているとは、脱帽ものです。
ちなみに対する膝部分には、保持力の問題もあってか二重関節と腿部分の左右ロール軸が設けられており、やはり優秀な可動を実現しています。
このように、僅か200円というコストで、なおかつミクロマンよりかすかに低い程度の可動を実現しているというのが、このベータミゼットの凄いところ。
ちなみに素材としてはこちらの方がガシガシ動かせるので、触って動かしてみるとミクロマンよりも楽しかったり。
前述したとおり耐久性にやや難がある上、当然今では売ってないので、破損が怖いけどね。






080524na3.jpg






しっかし、うちもアクションフィギュアとか増えたなぁ。
ちなみにミゼットを自分が買ったのはミクロマンよりも前なので、我が家での素体という概念を持つアクションフィギュアとしては、実はこいつらが一番先輩だったりします。


……最初はMMSと比較して色々書く予定だったんだけどなー。
やっぱりMMSは、プロポーションを重要視されて作られてたり、最初からマニア向けの価格とクオリティで作られてたりする分、必ずしも可動一辺倒ではないので、こういう比較になるとミクロとの比較になっちゃうんだよなぁ。
まぁ逆に言えば、アクションフィギュアや可動素体と一口に言っても、色々な方向性があるんだよ、ってことなんだけどね。
これだから玩具はやめられない。
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 俺とお前とフィギュアロボ All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]