忍者ブログ
ADMIN / ENTRY
カレンダー
01 2017/02 03
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
[12/02 長そで]
[10/03 カロ・クレド]
[11/24 長そで]
[11/16 嫁子]
[11/10 長そで]
プロフィール
HN:
長そで with BB@鉄板 and イリアス
性別:
男性
趣味:
見たまんま&それぞれに他多数
自己紹介:
・長そで
石川県在住の神姫マスターにして、玩ヲタの卵。高校二年で神姫に目覚めた、色々致命的な人。決して高くないバイトの給料を玩具に注ぎ込む駄目人間。兄貴分どころかもはやお義父さんであるBB@鉄板を尊敬と畏怖を込めて"店長"と呼んだり呼ばなかったりする。
長そで宅の神姫達
縒玖良と愉快な?爆丸たちシリーズまとめ

・BB@鉄板
兵庫県在住の大学生神姫マスターにして、ひよっ子モデラー。現在、諸事情により更新を無期休止中。
BB@鉄板宅の神姫達

・イリアス(いりあす)
神奈川県在住のT大生神姫マスターにして、そこいらに転がっている自称作家予備軍。バトロン終了に伴い、今後の身の上について目下悩み中。上の二人を呼んだり呼ばれたりする際は唯一呼称を変えたり変えられたりする。
ただいま就活中で更新頻度激落ち。

(c) 2006 Konami Digital Entertainment Co., Ltd.
当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しています。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
~手のひらサイズの娘達~
<<  2017/02  >>
10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11
2015/09/18  00:23:05


ラプト「グルゥー」

スレィト「ねぇ姉ちゃん、この子は恐竜なんだよねー?」

ラースタ「うん、そうだよ♪」





スレィト「で、あの子は熊なんだよね?」

ラースタ「うん、そうそう」




スレィト「でもあの子、なんだかあんまり熊っぽくないような……」

ハードベアー「ガフ!?」

ラースタ「そう?どの辺が?」

スレィト「なんか熊ってー、もっとがっちりしてるイメージがあるっていうか……」

ハードベアー「……」




ハードベアー「…………」(スッ

アリサ「お、立った」

ラースタ「もしかして熊らしさアピール?」

スレィト「でもこう見るとやっぱり手足とか細身だねー」

ハードベアー「ググ……グ……」

ラースタ「お? おお?」

ハードベアー「グ……」





ハードベアー「……ク……クマー……」

アリサ「いや熊はクマーって鳴かないだろ!」



PR
2015/09/17  00:02:57


縒良「あー、喉渇いたなー、でもめんどくさいなー」





縒良「そんなときのために! ブレイザーが自動であたしのところに
    飲み物を持ってきてくれるプログラムを組んでみましたー!」

七瀬「真面目なのか物臭なのかわからないわね……」





縒良「ってことでー、ポチっとなー♪」





縒良「…………」








縒良「………………」








縒良「あ、あれ……」

七瀬「こないわね……」

縒良「おっかしいなー……」





七瀬「バグかしら……?」

縒良「えー。でもこの前縒名と一緒に試したときはちゃんと持ってきたんだよー?」












縒名「な、なんなの!?」





縒名「なんでボク追いかけられてるの!?」




2015/09/16  00:01:10


(バーン

ランド「………………」



(ババーン

スルト「………………」




縒良「ぷっ……くくく………!」(バンバンバンバン

スルト「勝手に着せて勝手に爆笑すんのやめてくれねぇか」



2015/09/15  01:06:11


ラースタ「うぇー……」(バタム

おつかれラーちゃん。

ラースタ「うん……」

その……やっぱりスレィトのこと?

ラースタ「まぁねー」




実際昼間どう?

ラースタ「うん、すごくいい子だよー。 明るいし素直だし、みんなともすぐ仲良くなれそう」

そっか、そりゃよかった。

ラースタ「でもねー……」




ラースタ「話しててなんとなくわかっちゃうんだー、あの子、やっぱりボクに似てるよ」

あー……

ラースタ「怖くなるの……あの子がいつか、ボクの居場所を持って行っちゃうんじゃないかなって。
      それと、あの子自身は何も悪いことなんてしてないのに、
      そんなこと考えちゃう自分が嫌になっちゃう……」

ラースタ……




大丈夫だよ

ラースタ「センセー……」

確かにあの子はラースタに似てる。
でもそれはつまり、俺がそれだけラースタのこと想ってるって証拠だよ。
あの子が本当に俺の願望や理想から生まれたんだろしたら。

ラースタ「ボクのことを……」

だから心配しないでいいよ。
ラースタの居場所は、俺のなかにちゃんとある。




ラースタ「も、もー……! そんなクサいセリフ言っちゃって……センセーったら……」

う、うるせー!これでも恥ずかしいんですよ!

ラースタ「もー、センセーったらかわいいんだから……」

ぐ、ぐへへ……

ラースタ「そんなかわいいセンセーはー……平日だけど誘惑し



ちゃおっk……」




ラースタ「えーと……な、何か用、かな……?」

スレィト「あっ、気にしないでそのままそのままー! ただの順番待ちだから、ねっ☆」

なんの順番待ちやねん……




2015/09/14  00:00:09


ん…

ラースタ「あ~……センセーおはよー……」

おはよ……

ラースタ「……あれ_」




ん、どした?

ラースタ「なんか……いる……」


なんか?




(ペラッ

ラースタ「…………」

…………




だれ? 「だれ?」




Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 俺とお前とフィギュアロボ All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]