忍者ブログ
ADMIN / ENTRY
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 27 28 29 30
最新コメント
[12/02 長そで]
[10/03 カロ・クレド]
[11/24 長そで]
[11/16 嫁子]
[11/10 長そで]
プロフィール
HN:
長そで with BB@鉄板 and イリアス
性別:
男性
趣味:
見たまんま&それぞれに他多数
自己紹介:
・長そで
石川県在住の神姫マスターにして、玩ヲタの卵。高校二年で神姫に目覚めた、色々致命的な人。決して高くないバイトの給料を玩具に注ぎ込む駄目人間。兄貴分どころかもはやお義父さんであるBB@鉄板を尊敬と畏怖を込めて"店長"と呼んだり呼ばなかったりする。
長そで宅の神姫達
縒玖良と愉快な?爆丸たちシリーズまとめ

・BB@鉄板
兵庫県在住の大学生神姫マスターにして、ひよっ子モデラー。現在、諸事情により更新を無期休止中。
BB@鉄板宅の神姫達

・イリアス(いりあす)
神奈川県在住のT大生神姫マスターにして、そこいらに転がっている自称作家予備軍。バトロン終了に伴い、今後の身の上について目下悩み中。上の二人を呼んだり呼ばれたりする際は唯一呼称を変えたり変えられたりする。
ただいま就活中で更新頻度激落ち。

(c) 2006 Konami Digital Entertainment Co., Ltd.
当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しています。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
~手のひらサイズの娘達~
<<  2017/06  >>
10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 
[1025]  [1024]  [1023]  [1022]  [1021]  [1020]  [1019]  [1018]  [1017]  [1016]  [1015
2015/09/14  00:00:09


ん…

ラースタ「あ~……センセーおはよー……」

おはよ……

ラースタ「……あれ_」




ん、どした?

ラースタ「なんか……いる……」


なんか?




(ペラッ

ラースタ「…………」

…………




だれ? 「だれ?」









……で、この子実際だれ?

スレィト「だから言ったじゃん。あたしはスレィト☆」

あーうん、スレィト……さん。

スレィト「他人行儀だなー、さんは要らないよーん」




磋姫「……ふむ、なるほど。だいたいわかりましたわ」

お?

磋姫「……まず最初に言っておきますわ」





磋姫「だが私は謝らない」

早速お前が原因かよ! なにその前置きの仕方!




磋姫「それはそれとしてその子の正体ですが……マスター、
   先日、指輪型のマシーンでLBXを操作したのは覚えていますか?」

ああ、ラースタの尻捲っちゃったあれね。

磋姫「ええ。女性のお尻を捲るなんて最低ですわね」

おめーにだけは言われたくねー!
あれは調整不足なんだろ!

磋姫「ふふ、そうでしたわね。そして、どうやらこの事態もそれが原因のようです」

どゆこと?






磋姫「あの時、あのマシンは微弱な神経信号を読み取るために、信号を増幅して
    それを読み取っている、と私は言いましたわね?」

うん、言ってたねぇ。

磋姫「このインターフェイスの構造は、そうして信号を読み取ったあと、
    システムがその信号を自動的に解釈して、それを実現させる処理を行う、
    という手続きを踏んでいます。ラースタさんのお尻を捲ったのも、
    マスターの煩悩をこのシステムが拡大解釈した結果、ということですね。
    で、ここからが問題なのですが」





磋姫「このシステムの本体は、我が家の共有ネットワークとはちがう私専用のネットワーク上に
    置いて試験をしていました。このネットワークは原則として私とアルフのみが接続可能で、
    私が現在研究開発中の諸々の開発環境とも繋がっています。
    そしてその中には、私が研究用に使用していた正規手順の起動をしていない
    ブランク状態のオートマトン素体もいくつかあるんです」

まさか……

磋姫「ええ。その中には、初期アーンヴァルタイプのリペイント仕様、つまり彼女もいました」




磋姫「彼女はいわば、マスター好みの属性を具現化し、その煩悩を叶えるために、
    あのシステムが勝手に起動させた、マスターの性癖そのものですわ」

ええぇー……そ、そんなバカな……




縒良「……はっ。いや」





縒良「プラチナブロンドの髪にポニテ……」




縒良「大きめサイズのおっぱい……」




縒良「『適当に選んで着といてー』って言ったら選んできたこの服のセンス……」




縒名「……間違いない」

縒良「この子、パパの性癖だ……」

ねぇおかしくない?
自分の娘たちに性癖完全に把握されてる父親めっちゃおかしくない?




ラースタ「センセー……」(じとー

まって!まってください!これ俺のせいじゃないから!
十割磋姫のせいだから!

ラースタ「むー……」



スレィト「まぁまぁいいじゃん。 よくわかんないけど確かにさっきんの調整不足だったみたいだし」

磋姫「さっきん……」

ラースタ「まぁ……そうだけど」

スレィト「なかよくしないとダメだよ、ね?」

ラースタ「……うん」




磋姫「現実問題として、神姫として起動してしまった以上、ブランクに戻すわけにはいきませんからね。
   思うところはあるかもしれませんが、これからは同居人として暮らしていくしかないでしょうし、
   あまりイライラするのはよくありませんわ」

それはいいんだけど……なにこの高度なSF修羅場。

磋姫「ざまぁ」

うるせー!!!!




スレィト「そんなわけで、よろしくね、だーりんっ♪」

ラースタ「ちょっ、だーりんっ……!?」

縒良「あっ、ずるいあたしも!」

あたしおなかいたくなってきた……
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 俺とお前とフィギュアロボ All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]