忍者ブログ
ADMIN / ENTRY
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[12/02 長そで]
[10/03 カロ・クレド]
[11/24 長そで]
[11/16 嫁子]
[11/10 長そで]
プロフィール
HN:
長そで with BB@鉄板 and イリアス
性別:
男性
趣味:
見たまんま&それぞれに他多数
自己紹介:
・長そで
石川県在住の神姫マスターにして、玩ヲタの卵。高校二年で神姫に目覚めた、色々致命的な人。決して高くないバイトの給料を玩具に注ぎ込む駄目人間。兄貴分どころかもはやお義父さんであるBB@鉄板を尊敬と畏怖を込めて"店長"と呼んだり呼ばなかったりする。
長そで宅の神姫達
縒玖良と愉快な?爆丸たちシリーズまとめ

・BB@鉄板
兵庫県在住の大学生神姫マスターにして、ひよっ子モデラー。現在、諸事情により更新を無期休止中。
BB@鉄板宅の神姫達

・イリアス(いりあす)
神奈川県在住のT大生神姫マスターにして、そこいらに転がっている自称作家予備軍。バトロン終了に伴い、今後の身の上について目下悩み中。上の二人を呼んだり呼ばれたりする際は唯一呼称を変えたり変えられたりする。
ただいま就活中で更新頻度激落ち。

(c) 2006 Konami Digital Entertainment Co., Ltd.
当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しています。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
~手のひらサイズの娘達~
<<  2017/12  >>
10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 
[775]  [774]  [773]  [772]  [771]  [770]  [769]  [768]  [767]  [766]  [765
2012/03/04  19:33:41

120304na1.jpg






帝シヴァク「よーし!これでやっと元通りだー!」



120304na2.jpg






破ムニキス「ふぅ、まさか再建にこれだけかかるとはな…」

破ムニキスS「まぁ、手がある爆丸限られてるからね…」

Mイングラム「手があっても中々大変でござる……」

破ムニキス「こういうときもっと人手が欲しいな……」



120304na3.jpg






帝シヴァク「人手か……そういえば、スカルスのやつはどうしてるんだろうなぁ」

破ムニキス「スカルスというと、骸スカルスですか」

帝シヴァク「ああ。『最高のダークオン戦士になる!』とかいって飛び出してったはいいが、
       すっかり音信不通で何をやってるやらわからん。ラインハルトといい、
       家出しちゃう不良ばっかりで先生困りますよ!」

破ムニキスS「(僕らそもそも不良の集まりみたいなものじゃ、っていうのは言わないでおこう)」

破ムニキス「まぁ、スカルスのやつは爆丸としての実力は中々ですし、
        野垂れ死んだりはまずしていないでしょう」

Cヘリオス「なんか実際のバトルと少し外れたところでやらかしたりはしてそうだがな」



120304na4.jpg






帝シヴァク「ま、それはさておきだ。あとはこいつの処理をせんとな」

破ムニキスS「ええ」





120304na5.jpg






HyドラゴノイドB「それは少々、待ってもらおうか」

Mイングラム「ござっ!?」

破ムニキス「誰だ!?」



120304na6.jpg






HyドラゴノイドB「我が名はダークオン・ハイパー・ドラゴノイド」

破ムニキスS「ダークオンのドラゴノイド……お前、まさか……!
         いや、でもそんなはずは……」

HyドラゴノイドB「いや、お前の予想はおそらく正しい。我は魔竜の一族が将の一人だ」

帝シヴァク「いやいやいや、待て待て、魔竜どもはメタ公と一緒に全員――」

HyドラゴノイドB「封印した、か?そうだな。だがメタ・ドラゴノイド様は、万が一に備え、
          部下のうち一体だけを戦闘に参加させず、休眠状態でここに、
          こっそり潜ませていた。それこそがこの我だ」

破ムニキス「伏兵だと……!」



120304na7.jpg






HyドラゴノイドB「さて……」

破ムニキス「な、なんだ貴様、一人で私達とやりあうつもりか!?」

HyドラゴノイドB「……ふむ、なるほど。お前にしよう」

破ムニキス「は?」



120304na8.jpg






HyドラゴノイドB「ルア・ガエガン・カイイ・ニシタワッ!ふんッ!」

破ムニキス「がっ!?ぐあああ!?」

破ムニキスS「兄さん!?」



120304na9.jpg






破ムニキス「ぐあああああああああああああ!?」

破ムニキスS「くっ、兄さん!くそっ! ハイパードラゴノイド、貴様……!」

HyドラゴノイドB「黙ってみていろ」



120304na10.jpg






(シュウウウ…

HyドラゴノイドB「ふっ、こんなものか……」

破ムニキスS「にい……さん……?」

破ムニキス「くっ……」

破ムニキスS「兄さん!」

破ムニキス「……兄さん? ククク、違うなぁ……!」



120304na11.jpg






零ムニキス「我が名はメタ・ドラゴノイド!魔竜を統べる王なり!」(カシャッ

破ムニキスS「は……? 兄さん、何をばかなこt

零ムニキス「貴様の兄はもはやいない。この体は、しばらく余が使わせてもらうぞ」

破ムニキスS「そんな……兄さん……」



120304na12.jpg






零ムニキス「ハイパードラゴノイド、よくぞやってくれた。褒めてつかわそう」

HyドラゴノイドB「はっ、光栄にございます。無事に憑依に成功したようでなによりです」

零ムニキス「ふむ、パワーレベルはかなり下がってしまったが、
        それ以外は中々優秀な体よ」

破ムニキスS「お前たち……他人の体で……!」



120304na13.jpg






零ムニキス「やかましいわ雑魚が!」

破ムニキスS「ぐあっ!」

HyドラゴノイドB「ついでに他人じゃなくて他爆丸だ」

Mイングラム「細かい……」



120304na14.jpg






零ムニキス「さぁ往こうか。蘇れ、魔竜の戦士たちよ!」



120304na15.jpg






(ヴゥン

帝シヴァク「うぉっ!出た!」



120304na16.jpg






Heドラゴノイド「ふん、今回はハイパードラゴノイドの手柄か」

Bドラゴノイド「まぁ、いい仕事であるのは間違いないようだな」



120304na17.jpg






零ムニキス「さぁ、長居は無用だ。往くぞお前たち。探し出すのだ、『復活の聖水』を」



120304na18.jpg






帝シヴァク「往くぞっておいコラー!人んちで好き勝手して二度も見逃してもらえると
       思ってんのかちょっと!野郎ども曲者じゃーい!出会え出会えー!」



120304na19.jpg






零ムニキス「相変わらず愚かな王だ……ハイパードラゴノイド、
        雑魚どもはまかせる」

HiドラゴノイドB「御意」



120304na20.jpg






破ムニキスS「ま、待て!兄さんの体を返せ!」

Cヘリオス「ムニキスS!」



120304na21.jpg






零ムニキス「よほど兄の体が惜しいようだな。だがむしろこれは栄誉なことなのだぞ?」



120304na22.jpg






零ムニキス「この体の持ち主は、我々栄光の魔竜族の礎となれるのだからな」












120304na23.jpg






フォス「…………」










120304na24.jpg






フォス「それで、結局何か手がかりは見つかった?」

Aパーシバル「残念だがさっぱりだ、特に引っ掛かる部分は見つからなかった。
         こうなったら、シヴァクたちに頼んでメタ・ドラゴノイド本体を
         直接調べさせてもらうぐらいしか……」

フォス「そっか……」



120304na25.jpg






Aパーシバル「しかし、見直すと色々な伝承が伝わっているものだな……」

フォス「何か気になる伝承があったの?」

Aパーシバル「まぁな……あのドラガオン、どうやら我々の想像以上に苦労しているようだ」

フォス「苦労……」

Aパーシバル「あくまで伝承だから、どこまでが正しい真実なのかはわからん。
         だがどうやら彼は、裏切った自分の仲間を自ら手にかけたこともあったらしい」



120304na26.jpg






フォス「自分の仲間を……!?」

Aパーシバル「あぁ。ドラガオン達の時代、メタ・ドラゴノイドに立ち向かう戦士は、
        ドラガオン達三人以外にも何人もいたらしい。だがその中の一人、
        ムニキス族の祖先にあたる爆丸が、突如ドラガオン達を裏切り、
        何人もの仲間を殺害した」

フォス「……そしてドラガオンは、その裏切り者をやむをえず…?」

Aパーシバル「そのようだ……キツい性格のようだが、正義感は確かにある様子だった。
        もしこれが本当だとしたら、辛かっただろうな……」



120304na27.jpg






フォス「僕、ずっと不思議に思ってたんだ……あのラインハルト達とのバトルのとき
    なんでドラガオンは、あんなにコトハさんに厳しかったのか…」

Aパーシバル「彼は……我々が思う以上に重いものを背負っていたんだろう」

フォス「古代からの、宿命……か」









120304na23.jpg






フォス「メタ・ドラゴノイドはもういない……もう縛られる必要は……」



(ドサッ

フォス「?」



120304na28.jpg






フォス「あれは……!?」

破ムニキスS「ぐっ……」



120304na29.jpg






フォス「ムニキスS!?どうしたんだよ、しっかり!」

破ムニキスS「僕のことはいい……それより、すぐに縒玖良を呼んでくれ……」

フォス「でも……」

破ムニキスS「はやく……」



120304na30.jpg






縒玖良「ええーっ!?」



120304na31.jpg






縒玖良「じゃ、じゃあメタ・ドラゴノイドはまた復活してしまったん!?」

破ムニキスS「兄さんの体を借りているとはいえ、一応はそうなるな……」

フォス「そんな……」


120304na32.jpg






縒玖良「…………」



111220na42.jpg









120304na33.jpg






縒玖良「ムニキス……」



120304na34.jpg






フォス「縒玖良……」



120304na35.jpg






Aパーシバル「それで、連中はどこに行ったんだ?」

破ムニキスS「わからない……おそらくはメタ・ドラゴノイド本体を復活させるのが
         目的だとは思うが、具体的にどうやって復活させるつもりなのか……」

Aパーシバル「前回の戦いで、連中の悪名は広まっている。そこらの爆丸は
         まず近づきたがらないし、そう簡単には復活に必要な大量のエナジーを
         手に入れることはできないはずだ」

縒玖良「なんか手がかりはないが?」

破ムニキスS「そういえば、復活の聖水がどうとか言っていたような……」

Aパーシバル「再生のアビリティか……だがあれの所在は今は……」



120304na36.jpg






樹里「間違いないよ、魔竜族の狙いは、復活の聖水だと思う」

縒玖良「!」



120304na37.jpg






縒玖良「樹里姉?」

樹里「さっき、クレイフさんが教えに来てくれたの。古の六戦士の一体フロッシュさんが、 
   ちょっと前、メタ・ドラゴノイドの精神体に復活の聖水を奪われそうになったって」

Mハーデス「その場はアビリティ自体を精神世界の外に捨てることで、  
       なんとか難は逃れたみたいだけれど……おそらくメタ・ドラゴノイドが
       仮初の体ででも復活したのは、物質世界に落ちたそれを回収するため」

Aパーシバル「つまり連中は、どこかに流れた復活の聖水を探し出そうとしているのか」



120304na38.jpg






ガーゴノイド「おそらくそうです。戦士クレイフも、所在まではわからないようでしたが……」

樹里「でもそのフロッシュさんはアクアを司る戦士らしいから、多分それに出会うとしたら、
   アクアに縁のある爆丸やバトラーかも……」



120304na39.jpg






縒玖良「……ねぇ、その復活の聖水ってなんなん?」

Aパーシバル「命の尽きた、あるいは尽きそうな爆丸を蘇らせることができる、
         復活の力を持ったアビリティさ。やつらがそれを狙うということは、
         それを使ってメタ・ドラゴノイドの体を蘇らせるつもりだろう」

縒玖良「そっか……」



120304na40.jpg






縒玖良「よしわかった!うちらで魔乳のなんたらを止めよ!そしてムニキスを助けよ!」


120304na41.jpg






破ムニキスS「縒玖良……兄さんを助けてくれるのか……?」

ヘリオス「あとこんなシリアスな場面で言いたくないが魔乳じゃなくて魔竜だ縒玖良」



120304na42.jpg






縒玖良「ムニキスは、前のときうちらのこと助けてくれたもん!
     だからムニキスはもううちらの友達、絶対たすける!」

破ムニキスS「縒玖良……」



120304na43.jpg






フォス「縒玖良、僕も賛成だよ!ムニキスがいなければ、あのときメタ・ドラゴノイドを
     封印することは出来なかったもの、今度は僕らが助ける番だ」

縒玖良「うん!」



120304na44.jpg






ヘリオス「へっ、そういうことらしいぜ、ムニキスS」

破ムニキスS「おまえたち……」

Aパーシバル「どうせメタ・ドラゴノイドは倒さねばならない敵、
         ついでにお前の兄も助けてやるさ」

ヘリオス「うちのエース二人はやるって言ったらやっちまうんだ、期待しとけ!」

破ムニキスS「くっ……すまん」



120304na45.jpg






ガーゴノイド「ということは、ここで僕らが協力しないわけにはいきませんね!」

樹里「うん、もちろん!」

Mハーデス「どの道戦士クレイフもそのつもりで私達のもとに来たんでしょうしね。
        与えられた命の分、使命は果たすわ」

センチピード「ギュイ!」



120304na46.jpg






フォス「今度こそ、絶対にメタ・ドラゴノイドたちを倒す……!」



120304na47.jpg






縒玖良「そして、ムニキスを助け出す……!」








(つづく?
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
最終決戦に向けて盛り上がってきた!

しかし相変わらずシヴァク様が不憫すぎるw
サンショウオ 2012/03/04(Sun)22:01:07 編集
無題
増刊号ボリューム半端無いです!
キャプテンニジリゴケ 2012/03/05(Mon)10:19:29 編集
復活と伝承と返信
>サンちゃん
このまま盛り上げていこうぜ!
シヴァク様……当初ラスボスかと思われたポジションとは思えない…(ぉ


>キャプテンニジリゴケさん
最終決戦を超えたまさかの延長戦、ここからが真の最終決戦!
長そで 2012/03/06(Tue)22:01:57 編集
無題
復活の呪文を逆に詠唱すればメタドラゴの中枢部が爆発する!これで勝つる!
(ムニキスも爆発してしまうのでダメです

いやー初の本格的なコラボに興奮が止まりませんことよ!皆の運命が交錯する日も近い…存分に楽しみましょう!
DZ 2012/03/07(Wed)23:49:20 編集
復活と伝承と返信その2
>DZさん
これこそ数百万年の昔より伝わる、作戦は失敗し人事は成功する奥義の呪文!(違

三人以上でのコラボは僕も始めて!
ドキドキですがゴールできるようにがんばりましょう!
長そで 2012/03/09(Fri)21:11:37 編集
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 俺とお前とフィギュアロボ All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]