忍者ブログ
ADMIN / ENTRY
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[12/02 長そで]
[10/03 カロ・クレド]
[11/24 長そで]
[11/16 嫁子]
[11/10 長そで]
プロフィール
HN:
長そで with BB@鉄板 and イリアス
性別:
男性
趣味:
見たまんま&それぞれに他多数
自己紹介:
・長そで
石川県在住の神姫マスターにして、玩ヲタの卵。高校二年で神姫に目覚めた、色々致命的な人。決して高くないバイトの給料を玩具に注ぎ込む駄目人間。兄貴分どころかもはやお義父さんであるBB@鉄板を尊敬と畏怖を込めて"店長"と呼んだり呼ばなかったりする。
長そで宅の神姫達
縒玖良と愉快な?爆丸たちシリーズまとめ

・BB@鉄板
兵庫県在住の大学生神姫マスターにして、ひよっ子モデラー。現在、諸事情により更新を無期休止中。
BB@鉄板宅の神姫達

・イリアス(いりあす)
神奈川県在住のT大生神姫マスターにして、そこいらに転がっている自称作家予備軍。バトロン終了に伴い、今後の身の上について目下悩み中。上の二人を呼んだり呼ばれたりする際は唯一呼称を変えたり変えられたりする。
ただいま就活中で更新頻度激落ち。

(c) 2006 Konami Digital Entertainment Co., Ltd.
当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しています。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
~手のひらサイズの娘達~
<<  2017/07  >>
10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 
[781]  [780]  [779]  [778]  [777]  [776]  [775]  [774]  [773]  [772]  [771
2012/03/25  00:00:50


・前回のお話はこちら


120310na65.jpg













 


120310na76.jpg






ハーデス「メクトガン……」

樹里「メクトガン……? ハーデスさん、あれは何?」

ハーデス「メクトガンは本来、爆丸とパートナーの絆が不安定化したときに発現する、
      爆丸のパワーやアビリティが物理的に具現化した姿……
      でもあれはおそらく、ハイパードラゴノイドが自らを器にして仲間の力を集めることで、
      強制的にそれらの力を具現化させた、疑似的なものね……」



120310na77.jpg






Tiドラゴノイド(水)「まずい!奴等、メクトガンをも扱えるようになっていたのか!

ラナ「め…メガトロン?」

Tiドラゴノイド(水)「いいから下がれ!君達ではまず勝て」



120310na78.jpg






フライトリス「いつぞの負け犬かァ……!貴様の出る幕はないわァ!」

Tiドラゴノイド(水)「がはぁッ!!!」


120310na79.jpg






Tiドラゴノイド(水)「ぐ……ぉ……」

Irドラゴノイド(水)「か、片腕だけで…何て奴だ!」

ウルフリオ「かくなる上は、我ら2人で…」

フライトリス「我にこの力を使わせたこト、後悔するがいいイ……!
        我らが秘術と魔神の力に慄ケ………そして恐怖に歪んだ顔で死んでいけェ……!」

ラナ「な、何かもうカードのこととか忘れて、暴走しちゃってるよ…!」

ノエル「う、うぅ…」



120310na80.jpg






ドラゴノイド(水)「グルルルル…!!!」

ノエル「ドラゴ!?バトルスーツから降りたら…!」



120310na81.jpg






ノエル「(…ううん。信じよう、ドラゴを…この前の時のように…!)」

Tiドラゴノイド(水)「我々に出来ることはもう…彼に望みを託すことだけだ。頼んだぞ…!」



120310na82.jpg






「「「ドラゴ!!負けるなー!!!」」」

ノエル「み、みんな!」

フライトリス「やかましイ…ノイズめガ……!」

ラナ「みんなドラゴを信じてるよ!頑張れ!テラ根性だよ!!」

Hyドラゴノイド(水)「おう!やっちまえ、ドラゴッ!!」



120310na83.jpg






ドラゴノイド(水)「グオオオオオオオ!!!!!」(ゴゴゴゴゴ

ノエル「まただ…ドラゴが進化した!パワーレベルもどんどん上がっていく…!
    みんなの願いが、希望が…ドラゴに集まってくるのを感じる…!
    これで決めるよ!アビリティ発動、聖なる友情!!」



120310na84.jpg






<水属性ドラゴノイド:640G+300=940>
<闇属性フライトリス:750G+190=940>

フライトリス「互角かァ!だが…魔神の力はァ…貴様ら脆弱な爆丸になど……負けはしないいイ!
        愚かなアクアァァ、砕け散るがいいわァアァァァアァァ!!!」

ドラゴノイド(水)「ギャウオオオオオオオオオオッ!!!!!」



120310na85.jpg






フライトリス「はッ!?ぐがああアあアアああアあ!!!」











120310na86.jpg






Heドラゴノイド(闇)「このゲートもいただいていく、ダブルスタンドだ」



120310na87.jpg






縒玖良「させんよ!アビリティ発動!ライトシュート!」



120310na88.jpg






縒玖良「そっちが持ってったゲートは一枚、フィールドに戻してもらうし!」



120310na89.jpg






零ムニキス「レオネス……貴様はあの時のレオネスとは違うらしいな。
        貴様に罪はないが、呪われし血筋を恨むがよい!」

輝レオネスG「あだぁ!?」



120310na90.jpg






零ムニキス「貴様はあの時の老害か!長生きなどせず命尽きていれば、
        ここで苦しまずに済んだものを」

塞パンツァーG「ぬぅっ!?」

ヘリオス「クリティカルKOを連続でだと!?ふざけやがって……!」

コトハ「パンツァーさんをあれだけ吹き飛ばせるなんて…」



120310na91.jpg






フォス「君たちの思い通りには絶対にさせない!縒玖良!」

縒玖良「うん!アビリティ発動、スリークジャブッ!」

フォス「はあああああ!」

Bドラゴノイド(闇)「ちっ、くっ、ぐおおおおッ!」



120310na92.jpg






ヘリオス「フォスにばっかりいいカッコさせねえってな!食らいやがれ!」

Chドラゴノイド(闇)「ぐぎゃぁぁぁ!?」



120310na93.jpg






Aパーシバル「よし、なんとか追いついた。あと二枚だ!」

フォス「でも、レオネスもパンツァーさんももう…」

縒玖良「うん、だいじょぶなん?」

輝レオネスG「なぁに…まだまだ行けるさ」

塞パンツァーG「この程度でくたばる程、ヤワではないぞ…」

焔ドラガオンG「コトハ、あのアビリティを使うぞ」



120310na94.jpg






コトハ「…うん!」



120310na95.jpg









120310na96.jpg






コトハ「アビリティ発動!黒き鋼鉄の絆!!」



コトハ「(三回連続のシュート…大丈夫、やれる…!)」



120310na97.jpg






輝レオネスG「ポップアウト!閃レオネス!」

塞パンツァーG「ポップアウト!塞パンツァー!」

コトハ「ダブルスタンド、そしてこれでラストワン!!」

零ムニキス「ふっ、無駄な足掻きを…」



コトハ「そして最後の一投…!」



120310na98.jpg






焔ドラガオンG「ここで決着をつける!メタ・ドラゴノイド!」

零ムニキス「余を倒すかドラガオン?あの時我々がけしかけた、あのムニキス族のように?」

焔ドラガオンG「なっ!?…あのムニキス族…だと?」

零ムニキス「貴様達は最後まで気がつかなかったようだがな、あのムニキスは、
        お前たちを裏切ったのではない。我々が術によって操っていたにすぎんのだよ。
        だが貴様は、そうとも知らずにヤツを葬った。滑稽なショーだったよ。
        貴様たちは、余の手のひらの上で踊っていたに過ぎんのだ!ハハハハッ!」



120310na99.jpg






焔ドラガオンG「じゃあ…あいつは…」



120310na100.jpg






コトハ「ドラガオン!」

<火属性焔ドラガオンG:540G→800(プロミネンスナックルの効果で相手ど同数値になる)>
<闇属性零ムニキス:600G+200=800>
<このゲートカードでは、ムニキスの名前を持つ爆丸がいる場合、
 他の爆丸はジャッジポイントを得ることが出来ない>



120310na101.jpg






焔ドラガオンG「貴様ぁ!!!!」

零ムニキス「ハハハハハハハハッ!その怒りに満ちた叫び、たまらぬな!
        そうやってお前は仲間を手にかけたのだろう!?その炎で焼いたのだろう!?」



120310na102.jpg






零ムニキス「だがな!余はあのムニキスのように無様に倒れはしない!
        アビリティ、絶対零度!」

焔ドラガオンG「ぐあっ…なんだ…力が」

<火属性焔ドラガオンG:540G→800→0>
<闇属性零ムニキス:600G+200=800>

コトハ「え?!ドラガオンのパワーレベルが…0…?」



120310na103.jpg






コトハ「ドラガオン!」

焔ドラガオンG「あの野郎…とんでもないアビリティを隠し持ってやがった…」

ヘリオス「パワーレベルをゼロだと……ふざけやがって……!」

縒玖良「ドラガオンだいじょぶなん?」



120310na104.jpg






フォス「ドラガオン、しっかりするんだ!」

焔ドラガオンG「ああ、大丈夫だ…」

フォス「少し休んで。あと一枚ぐらいなら僕たちだけでも…!」



120310na105.jpg






零ムニキス「さぁ、ラストワンだ。これで最後にするぞ小娘たちよ」



120310na106.jpg






フォス「どっちもラストワン……もう絶対に負けられない」

縒玖良「うん……でもどうしよう……ツインディストラクターはもう使ってしまったし」

焔ドラガオンG「いや、まだ手はある…昔の戦いで、異世界から伝えられた力…
         それでヤツにトドメを刺せる」

フォス「そんなことが……でも、その体でそんなの使ったら…!」

焔ドラガオンG「アイツを助けたいんじゃなかったのか?
         お前たちには…昔の俺のような思いはして欲しくない」

フォス「ドラガオン……」



120310na107.jpg






(ピピッ

縒玖良「? これ……新しいアビリティカード……?」

フォス「ドラガオン……?」



120310na108.jpg






フォス「一体、何が……?」

焔ドラガオンG「そのアビリティを使え
         俺達の中にある封印プログラムを起動させるものだ」

縒玖良「これを……うん!わかった!」



120310na109.jpg






縒玖良「よし……いくよ!爆丸シュート!ポップアウト、ルミナ・フォス!」

フォス「負けられない…!」

縒玖良「ゲートカードオープン!ライトニングフィールド!」



120310na110.jpg






縒玖良「そしてこれが、うちらの最後の手段……アビリティ発動!クリア・ディストラクター!」



120310na111.jpg






コトハ「え、ドラガオンが…バトルギアに!?」

焔ドラガオンG「コトハ、俺をフォスのところへ!」

コトハ「う、うん!!」



120310na112.jpg






コトハ「バトルギア、セットアップ!!」



120310na113.jpg












(つづく

 

PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
ドラガオンがバトルギアに!?
そうだったのか!
task 2012/03/25(Sun)13:54:26 編集
黒き鋼鉄の返信
>taskさん
黒金バトルギアにはそんな秘密があったのです!
真横で撮影しててもサプライズ!(ぉ
長そで 2012/03/26(Mon)00:15:00 編集
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 俺とお前とフィギュアロボ All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]