忍者ブログ
ADMIN / ENTRY
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[12/02 長そで]
[10/03 カロ・クレド]
[11/24 長そで]
[11/16 嫁子]
[11/10 長そで]
プロフィール
HN:
長そで with BB@鉄板 and イリアス
性別:
男性
趣味:
見たまんま&それぞれに他多数
自己紹介:
・長そで
石川県在住の神姫マスターにして、玩ヲタの卵。高校二年で神姫に目覚めた、色々致命的な人。決して高くないバイトの給料を玩具に注ぎ込む駄目人間。兄貴分どころかもはやお義父さんであるBB@鉄板を尊敬と畏怖を込めて"店長"と呼んだり呼ばなかったりする。
長そで宅の神姫達
縒玖良と愉快な?爆丸たちシリーズまとめ

・BB@鉄板
兵庫県在住の大学生神姫マスターにして、ひよっ子モデラー。現在、諸事情により更新を無期休止中。
BB@鉄板宅の神姫達

・イリアス(いりあす)
神奈川県在住のT大生神姫マスターにして、そこいらに転がっている自称作家予備軍。バトロン終了に伴い、今後の身の上について目下悩み中。上の二人を呼んだり呼ばれたりする際は唯一呼称を変えたり変えられたりする。
ただいま就活中で更新頻度激落ち。

(c) 2006 Konami Digital Entertainment Co., Ltd.
当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しています。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
~手のひらサイズの娘達~
<<  2017/10  >>
10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 
[988]  [987]  [986]  [985]  [984]  [983]  [982]  [981]  [980]  [979]  [978
2014/12/22  00:00:01

・前回のお話はこちら














リズラス「うおおおおおおッ!」




リズラス「曲がれッ!」




リズラス「ふんッ!」



                             

Aパーシバル「レジオノイドの向きを戻した!?」

フォス「それだけじゃない!」




リズラス「はぁッ!」

稚綾「ポップアウト、ダークオン・リズラス……!」




スタッグ「No……何なのこれ……マンガじゃあるまいし……」

フォス「稚綾さんとリズラスの気持ちが起こしたんだ……」




Aパーシバル「レジオノイドはコアデムを支えにして完全に壁としての機能を取り戻した。
         横への張り出し方から考えると、
         コアデムのいるゲートにダブルスタンドは難しいだろう」




縒玖良「稚綾ってもっとカチッと戦術組んでくるタイプやと思っとったけど……




縒玖良「こういう爆発の仕方もできるんやね、流石や」

稚綾「縒玖良……!」

縒玖良「さっきは肩の力抜いて、なんて言ったけど……」




縒玖良「こんな楽しいこと、やっぱ力抜いてやるなんて無理やろ!」

フォス「縒玖良!」

縒玖良「正面突破や!」





縒玖良「爆丸シュート! ポップアウト、ルミナ・フォス!」

フォス「勝負だリズラス!」

リズラス「俺は逃げも隠れもせん!」




稚綾「リズ……!」




縒玖良「フォっちゃん!」




「「アビリティ発動!!!!」」
















コアデム「派手ニヤッタナ…」

ハーピー「おっかないったらないわよねぇ」




フォス「はは……流石リズだ、危なかったよ」

リズラス「フン、勝者気取りか。稚綾が最初から本調子ならこうはいかん。
     ……だが、今日のところは負けを認めざるを得んか





稚綾「リズ……大丈夫……?」

リズラス「連中のお陰で丈夫に育ってるんでな」

稚綾「そう……」




稚綾「リズ、ありがとう……」

リズラス「礼を言われる覚えなどない。
      これはお前だけのバトルじゃない、俺たちのバトルだ」

稚綾「……うん、そうだね」




縒玖良「わーかや♪」

稚綾「!」




縒玖良「ナイスファイトやったじ」

稚綾「縒玖良……」

縒玖良「今、全力やった?」

稚綾「途中から、だけど……本気だった、と思う」

縒玖良「そっか。うち、稚綾が全力出してくれて嬉しかったし、楽しかったよ。
     タイタニウムのためでも、タイタニウムを倒すためでもないバトルやけど、
     稚綾が全力でうちと戦ってくれたから





稚綾「楽しかった……?」

縒玖良「稚綾は違うが?




稚綾「わからない……でも、ドキドキした。
    始める前は勝っても負けてもどうでもいいって思ってたのに……
    いつのまにか勝ちたいって……勝てるかなって、ドキドキしてた」


縒玖良「んー、それって嫌なドキドキ?」

稚綾「たぶん……違うと思う」

縒玖良「そっか……なら、今はそれでいっか!」





「おっ、なんだよバトルか?」




ネーグ「って、稚綾がバトルしてる、珍しいな

エイヴィア「ここにきて始めてじゃないのか?」

Mハーデス「あらあら、私たちがお昼にしてる間になにがあったのかしら?」

樹里「ねぇね、せっかくだし、私たちも混ざってもいい?」




縒玖良「どうする、稚綾?




稚綾「うん……うん!」




リズラス「信じていなかったわけではないが、まさか本当にこんな日が来るとはな……
      あの娘なら、あるいは稚綾の……

フォス「リズ?」

リズラス「……いや、なんでもない」




PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 俺とお前とフィギュアロボ All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]