忍者ブログ
ADMIN / ENTRY
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[12/02 長そで]
[10/03 カロ・クレド]
[11/24 長そで]
[11/16 嫁子]
[11/10 長そで]
プロフィール
HN:
長そで with BB@鉄板 and イリアス
性別:
男性
趣味:
見たまんま&それぞれに他多数
自己紹介:
・長そで
石川県在住の神姫マスターにして、玩ヲタの卵。高校二年で神姫に目覚めた、色々致命的な人。決して高くないバイトの給料を玩具に注ぎ込む駄目人間。兄貴分どころかもはやお義父さんであるBB@鉄板を尊敬と畏怖を込めて"店長"と呼んだり呼ばなかったりする。
長そで宅の神姫達
縒玖良と愉快な?爆丸たちシリーズまとめ

・BB@鉄板
兵庫県在住の大学生神姫マスターにして、ひよっ子モデラー。現在、諸事情により更新を無期休止中。
BB@鉄板宅の神姫達

・イリアス(いりあす)
神奈川県在住のT大生神姫マスターにして、そこいらに転がっている自称作家予備軍。バトロン終了に伴い、今後の身の上について目下悩み中。上の二人を呼んだり呼ばれたりする際は唯一呼称を変えたり変えられたりする。
ただいま就活中で更新頻度激落ち。

(c) 2006 Konami Digital Entertainment Co., Ltd.
当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しています。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
~手のひらサイズの娘達~
<<  2017/06  >>
10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 
[886]  [885]  [884]  [883]  [882]  [881]  [880]  [879]  [878]  [877]  [876
2013/03/18  19:21:35

130318na1.jpg






ネーグ「んーーーー!」



130318na2.jpg






ネーグ「いい天気だな……!」



130318na3.jpg






「あのー……」

ネーグ「おう?」



130318na4.jpg






樹里「いい加減ベランダじゃなくて中入れば……?」

ネーグ「あ?」

樹里「ていうかなんで最近ずっとうちのベランダにいるの…?」



130318na5.jpg






ネーグ「そりゃおめー、お前らんちで張ってるのが、一番ミラージェに会える
     可能性が高いからに決まってんだろ。残り一体のエンシェントがどこにいるか
     わからない以上、そっちを闇雲に探すより、こっちで張ってミラージェを叩いた方が
     まだやりやすいってことだ」

樹里「あー……それなんだけど……残りの古代爆丸さんは、もう全部うちにいるんだ」



130318na6.jpg






ネーグ「まじで?」

樹里「うん、まじで」

ネーグ「ってことはもう、ほんとにあいつが狙うとしたらここしかないってわけか……
     やっぱりここで張ってるしかねえな」

樹里「はあ……そこまでするぐらいなら私達と協力してくれればいいのに……」

ネーグ「だから、それはしねえって言ってんだろ。ここに張ってんのも、
     あいつが現れたらすぐ俺たちが相手をできるようにしてるだけだ」

樹里「こうなってる時点でもう関わるとか関わらないとかって次元じゃないと思うんだけど」

ネーグ「うぐ……いやだがな!それでもお前らやお前らの爆丸を危険にさらすよりはいい!」



130318na7.jpg






ネーグ「あのクソ野郎の身勝手に付き合わされるのは、俺たちだけで十分だ。
     そうだろエイヴィア?」

エイヴィア「…………ああ、そうだな」



130318na8.jpg






樹里「もう……エイヴィアさんまで……」

ネーグ「俺とエイヴィアは、この身に代えてもミラージェの計画を打ち砕く、
     そう誓い合った仲だからな。俺とエイヴィアの心は一つだぜ」

樹里「エイヴィアさんたちなら危険な目に合わせてもいいの?」

ネーグ「そりゃあ、ホントのこと言えばそうしたくはないがよ、俺もあいつもバトラーで、
     これが爆丸絡みである以上、俺一人だけじゃどうにもならないからな。
     悪いとは思ってるが……せめて道連れはこいつらだけに留めたいんだよ」

樹里「バトラーか……」



130318na9.jpg






樹里「わかった。じゃあネーグ、一つ提案があるんだけど」



130318na10.jpg






ネーグ「提案だぁ?」













130318na11.jpg









130318na12.jpg






ネーグ「本当にいいんだな?」

樹里「提案したのは私の方だもの、今更いいもわるいもないよ」

ネーグ「よし、言ったな」



130318na13.jpg






ネーグ「俺がこのバトルに勝ったら、お前たちは今後一切、俺たちの戦いに干渉しない」



130318na14.jpg






樹里「私が勝ったら、ネーグたちも、私達と一緒にミラージェと戦ってもらう」



130318na15.jpg






Mハーデス「樹里ちゃん……これを本当にやるとしたら、絶対に負けられないのよ?
       もし負けたら、これまで頑張ってくれた縒玖良ちゃんたちだって……」

樹里「わかってる。でも、このままじゃいけないと思うから……
   ネーグの意地とかプライドとかそういうの……こうやってでもぶつからないと、
   破れないと思う。だからごめん、付き合って」

Mハーデス「……樹里ちゃんがそこまで必死なら、私達もやるしかないわね」

センチピード「キュイキュイ!」

ガーゴノイド「僕たちは樹里さんの決断を信じますよ!」

パイサントゥス「ゴゴ!」



130318na16.jpg






ネーグ「まさかあいつがこんなバトルを持ちかけてくるなんてな……」

エイヴィア「ましてこの条件……向うの決意はかなり固いと見えるぞ」

ネーグ「だが……これは俺たちにしてみればチャンスだ。
     これであいつらを巻き込まずにすむんだからな……!」

エイヴィア「チャンス、か……チャンスなのかもな……」



130318na17.jpg






樹里「さあ、始めようネーグ!」

ネーグ「望むところ!」

「「ゲートカード、セット!」」



130318na18.jpg






ネーグ「よし、まずはサンダーウィルダ!いっちょ頼むぜ!」

Tウィルダ「初撃、任せろ!任せろ!」



130318na19.jpg






ネーグ「爆丸シュート!ポップアウト、ゼフィロス・サンダー・ウィルダ!」

Tウィルダ「ガガァ!」



130318na20.jpg






樹里「よし、じゃあいつもので行くよ!」

Mハーデス「ええ!」



130318na21.jpg






樹里「アビリティ発動!ビギニングフィールド!」



130318na22.jpg






モナルス「強制的に全てのゲートをフィールドに引き出すアビリティね」

ネーグ「サブテラらしい、ってやつか」



130318na23.jpg






ネーグ「よし、じゃあ俺はこうだ」



130318na24.jpg






樹里「じゃあ私は……」



130318na25.jpg






樹里「こういきます!」



130318na26.jpg






樹里「爆丸シュート!ポップアウト、サブテラ・ミリアド・ハーデスさん!」

Mハーデス「早速一戦行きましょうか!」



130318na27.jpg






ネーグ「ゲートカードオープン!へリックス・ドラゴノイド!」

<土属性ミリアド・ハーデス:600G+JP80=680>
<風属性サンダー・ウィルダ:520G+JP240=760>

Tウィルダ「パワーレベル、低い、が、ゲート、有利!」



130318na28.jpg






樹里「なら!アビリティ発動!結束する大地!」

<土属性ミリアド・ハーデス:600G+JP80+300=980>



130318na29.jpg






Mハーデス「大地の力を喰らいなさい!」

Tウィルダ「うがぁ!」



130318na30.jpg






ネーグ「ウィルダ!ちっ、一旦戻れ!」



130318na31.jpg






樹里「まず一枚!さらにアビリティ発動!2プレスサイレント!」



130318na32.jpg






樹里「モナルスさんには2ターン休んでもらいます!」

モナルス「あら、いきなり暇ね」

エイヴィア「力を蓄えていろ、ということかもな」








(続く

PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 俺とお前とフィギュアロボ All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]