忍者ブログ
ADMIN / ENTRY
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[12/02 長そで]
[10/03 カロ・クレド]
[11/24 長そで]
[11/16 嫁子]
[11/10 長そで]
プロフィール
HN:
長そで with BB@鉄板 and イリアス
性別:
男性
趣味:
見たまんま&それぞれに他多数
自己紹介:
・長そで
石川県在住の神姫マスターにして、玩ヲタの卵。高校二年で神姫に目覚めた、色々致命的な人。決して高くないバイトの給料を玩具に注ぎ込む駄目人間。兄貴分どころかもはやお義父さんであるBB@鉄板を尊敬と畏怖を込めて"店長"と呼んだり呼ばなかったりする。
長そで宅の神姫達
縒玖良と愉快な?爆丸たちシリーズまとめ

・BB@鉄板
兵庫県在住の大学生神姫マスターにして、ひよっ子モデラー。現在、諸事情により更新を無期休止中。
BB@鉄板宅の神姫達

・イリアス(いりあす)
神奈川県在住のT大生神姫マスターにして、そこいらに転がっている自称作家予備軍。バトロン終了に伴い、今後の身の上について目下悩み中。上の二人を呼んだり呼ばれたりする際は唯一呼称を変えたり変えられたりする。
ただいま就活中で更新頻度激落ち。

(c) 2006 Konami Digital Entertainment Co., Ltd.
当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しています。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
~手のひらサイズの娘達~
<<  2017/08  >>
10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 
[733]  [732]  [731]  [730]  [729]  [728]  [727]  [726]  [725]  [724]  [723
2011/11/05  22:40:00

111105na1.jpg






樹里「召喚爆丸……クロノス……?」



111105na2.jpg






Aヒュドラ「はい、太古の時代に存在した球形以外の爆丸、それが召喚爆丸です」

樹里「そんな爆丸……私たちなんかに、いいんですか?」

Aヒュドラ「ええ。このクロノスは私の家系で代々保管されてきたものですが、
      もう数千年の間、休眠状態のまま一度も目覚めたことがないといいます。
      科学的にそれらを復活させる方法もあるとされていますが、私には
      それもよくわかりません。しかし、もしかしたらクレイフ様の加護を受けた
      貴方達ならば、彼を覚醒させられるかもしれないと思いまして」



111105na3.jpg






樹里「そ、そうかな……クレイフさんあれっきり出てこないし……」

Aヒュドラ「クレイフ様は本来、爆丸以外の生物には関わりたがらないのです。
      しかしそのクレイフ様があえてあなた達に力を授けたということは、
      それもまた運命なのでしょう。だから私も、あなた達にこそ
      このクロノスを受け取ってほしいのです」

樹里「ええと……」



111105na4.jpg






Mハーデス「いいじゃない樹里ちゃん、受け取っておきましょう」

樹里「ハーデスさん」

Mハーデス「ヒュドラの言うとおり目覚めれば、きっと私たちの力になってくれるし
       仮に目覚めることがなくても損をするわけじゃないわ。
       わざわざ連れて来てくれたヒュドラのご厚意に甘えましょう」

樹里「うん……わかった」



111105na5.jpg






Mハーデス「ありがとうヒュドラ、ここまでしてもらって助かるわ」

Aヒュドラ「いえ、どの道我が家にあっても特に使い道のないものですしね」

樹里「でも大切なものなんでしょ。本当にありがとうございます」

Aヒュドラ「いやいや、とんでもない」



111105na6.jpg






Aヒュドラ「そういえばあれからもう一月ほど経ちますが、
      バトルするための他のメンバーは見つかりましたか?」

樹里「う……」

Mハーデス「それが実はまだ……」

Aヒュドラ「おっとこれは失礼……私も暇があるなら是非お力になりたいのですが、
      中々そういうわけにもいかず……」

樹里「そんなそんな、そのお気持ちだけで十分ありがたいです!
   それに召喚爆丸だって頂いちゃいましたし」

Mハーデス「そうそう、十分よヒュドラ。仲間探しは、私と樹里ちゃんでしっかりやるわ」

Aヒュドラ「そうですか、私も陰ながら、一日も早く仲間が揃うことをお祈りしておりますよ」



111105na7.jpg






Aヒュドラ「では、私はそろそろ」

樹里「あ、はい。ありがとうございました!」

Mハーデス「ありがとうね、ヒュドラ」



111105na8.jpg






樹里「さて、じゃあ私たちも戻ろっか」

Mハーデス「そうね」





「なーなーねーちゃん、今からちょっとお茶どうよ?お茶?」
「ちょっと、離して、離してください!」


111105na9.jpg






樹里「?」




 


111105na10.jpg






「ほらほら、いいじゃねぇかちょっとぐらい」
「いやですっ!」




111105na11.jpg






Cヘリオス「な、そう言わずによ、な」

「いーやーでーすー!」



111105na12.jpg






樹里「あれって……」

Mハーデス「ナンパね……ただの……」



111105na13.jpg






「ちょ、ちょっとまったぁ!」

Cヘリオス「あぁ?」



111105na14.jpg






Cヘリオス「なんだ?」



111105na15.jpg






ガーゴノイド「や、やめるんだぁきみ!彼女は嫌がってるじゃないか!」

センチピード「ギュイギュイ!」



111105na16.jpg






Cヘリオス「なんだよ、関係ないだろ、どっかいけ!」

ガーゴノイド「いいいやしかし、そんなわけにはぁー…!」



111105na17.jpg






樹里「こら、やめなさい!」

Cヘリオス「あぁもう、次はなんだ……」



111105na18.jpg






Cヘリオス「ってお前、この前の……!」

樹里「うん、この前の!何やってるの君は」

Cヘリオス「へっ、関係ないだろ!お前まで邪魔しようってのか?」

樹里「これ以上、その子の嫌がることするっていうならね」



111105na19.jpg






Cヘリオス「ちっ、お前も縒玖良も正義の味方ぶりやがって。いいぜそれなら、
       お前もギャフンと言わせてやるよ!出て来いコアデム兄弟!」



111105na20.jpg






コアデム「ふむ、何か騒がしいと思えば」

Sコアデム「ナンパも一人でできんのかと思ったが、状況が違うようだ」

Cヘリオス「うるせぇお前ら!例の縒玖良の仲間が邪魔に入ってきたんだ、
       ギャフンと言わせてシヴァク様への土産話にするぞ!」

コアデム「ほう、悪くない」



111105na21.jpg






樹里「ど、どうしようハーデスさん……私達まだ人数揃ってないのに……」

Mハーデス「そうね、このままじゃ勝負にならないわ……」



111105na22.jpg






Mハーデス「……そうだわ」



111105na23.jpg






Mハーデス「そこのあなたたち!」

ガーゴノイド「お、おお!?自分たちですか!?」



111105na25.jpg






Mハーデス「そうよ、そこのサブテラのあなたたち!」

ガーゴノイド「はっ、はいっ!」

Mハーデス「ちょっと私達に付き合いなさい」

ガーゴノイド「はっ、はい……?」











111105na26.jpg









111105na27.jpg






Mハーデス「とにかく今回はこれで戦えるわね」

樹里「うん!ガーゴノイドさん、センチピードさん、よろしくね!」

ガーゴノイド「はっ、ハイ!が、がんばります!」

センチピード「ギュイギュイ!」



111105na28.jpg






Cヘリオス「おい、何もたもたしてんだ、始めるぞ!」

樹里「む、言われなくても!」



111105na29.jpg






樹里「いくよ、壱号さん!」

(コクコク

樹里「磋姫ちゃんがインストールしてくれた新型フィールド、早速使うことになるなんてね」



111105na30.jpg






樹里「ガントレット、チャージオン!」



111105na31.jpg






(ヴゥン



111105na32.jpg






「「ゲートカードセット!」」



111105na33.jpg






樹里「じゃあまずは一番手、ハーデスさんお願い!」

Mハーデス「わかったわ、任せて!」



111105na34.jpg






樹里「爆丸シュート!ポップアウト、サブテラ・ミリアド・ハーデスさん!」

Mハーデス「これが新しいフィールド……悪くないわ」



111105na35.jpg






Cヘリオス「フン、俺のお楽しみを邪魔したこと、後悔させてやる」

コアデム「それを聞くと、我ながら今回の戦いがなんか虚しくなってくるな」

Sコアデム「まぁシヴァク様にいい報告をするためさ」



111105na36.jpg






Cヘリオス「ゲートカードセット!」



111105na37.jpg






Cヘリオス「さらにアビリティ、レインポーポータル!これで二回シュートだ!」



111105na38.jpg






コアデム「フンハァ!」

Cヘリオス「まずはダブルスタンドで回収だ!」



111105na39.jpg






ガーゴノイド「こ、こちら側に寄せてきたということは、罠の可能性が高いですね!」

樹里「そうだね、乗り込んでこられるのは避けたいかな」



111105na40.jpg






樹里「ゲートカード、セット!」



111105na41.jpg






樹里「爆丸シュート!ポップアウト、サブテラ・センチピードさん!」

センチピード「ギューイ!」



111105na42.jpg






Cヘリオス「チッ、封じやがったか。まぁいい。せっかくだ、ハーデスのヤツに 
      一発かましてやろうぜ。サブテラは力比べは苦手だ」

Sコアデム「なら俺が行っちまおう。いいな兄者?」

コアデム「いいぞ、行くが良い」



111105na43.jpg






Sコアデム「ということだ、このステルスコアデムが相手をするぞ!」

Mハーデス「いいわ、受けて立つ!」



111105na44.jpg






樹里「ゲートカードオープン!HASHIMOTOYA!」

<土属性Mハーデス:600G+JP160=760>
<闇属性Sコアデム:560G+JP60=620>

Mハーデス「相手のゲートに飛び込んだ、覚悟はできてるでしょうね」

Sコアデム「フン、勝算がないなら最初から挑みはしないな!」


111105na45.jpg






Cヘリオス「漆黒の友情!ゲートカードの全属性のジャッジポイントを得られる!」



111105na46.jpg






<闇属性Sコアデム:560G+JP160+80+40+160+20+60+60=1140>

Sコアデム「どうだ!」

Mハーデス「くっ!樹里ちゃん!」



111105na47.jpg






樹里「うん、アビリティ発動!グラナイト・ガントレット!
   このアビリティは、相手より200以上パワーレベルが低い場合、
   400のパワーレベルを得ることが出来る!」



111105na48.jpg






Mハーデス「思い知ったかしら!」

<土属性Mハーデス:600G+JP160+400=1160>
<闇属性Sコアデム:560G+JP160+80+40+160+20+60+60=1140>

Sコアデム「クソッ!」



111105na49.jpg






樹里「さらにバトル終了後アビリティ発動!2プレスサイレント!
   このアビリティは、指定した相手の爆丸を2ターンの間バトルから除外できる!」



111105na50.jpg






樹里「ステルスコアデムさんは、しばらくそのままのびてなさい!」

Sコアデム「くそっ、屈辱……」

Cヘリオス「ちっ、あの女やるな……!」



111105na51.jpg






Mハーデス「樹里ちゃん、ゲートカードよ!」

樹里「うん、ありがとうハーデスさん!この調子で行こう!」




(つづく!

 
 
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 俺とお前とフィギュアロボ All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]