忍者ブログ
ADMIN / ENTRY
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[12/02 長そで]
[10/03 カロ・クレド]
[11/24 長そで]
[11/16 嫁子]
[11/10 長そで]
プロフィール
HN:
長そで with BB@鉄板 and イリアス
性別:
男性
趣味:
見たまんま&それぞれに他多数
自己紹介:
・長そで
石川県在住の神姫マスターにして、玩ヲタの卵。高校二年で神姫に目覚めた、色々致命的な人。決して高くないバイトの給料を玩具に注ぎ込む駄目人間。兄貴分どころかもはやお義父さんであるBB@鉄板を尊敬と畏怖を込めて"店長"と呼んだり呼ばなかったりする。
長そで宅の神姫達
縒玖良と愉快な?爆丸たちシリーズまとめ

・BB@鉄板
兵庫県在住の大学生神姫マスターにして、ひよっ子モデラー。現在、諸事情により更新を無期休止中。
BB@鉄板宅の神姫達

・イリアス(いりあす)
神奈川県在住のT大生神姫マスターにして、そこいらに転がっている自称作家予備軍。バトロン終了に伴い、今後の身の上について目下悩み中。上の二人を呼んだり呼ばれたりする際は唯一呼称を変えたり変えられたりする。
ただいま就活中で更新頻度激落ち。

(c) 2006 Konami Digital Entertainment Co., Ltd.
当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しています。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
~手のひらサイズの娘達~
<<  2017/10  >>
10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 
[924]  [923]  [922]  [921]  [920]  [919]  [918]  [917]  [916]  [915]  [914
2014/01/18  23:30:20




フォス「う~……」




フォス「重いよ縒玖良~」

縒玖良「フォっちゃんぬくい~」




ヘリオス「なにやってんだおまえら」

Aパーシバル「こたつが満員だったらしい」

エーオス「なるほどな」

フォス「おもいー…」

縒玖良「にゅー……」




「グルルル……」


エーオス「ん?」




「ガルルルル…!」

エーオス「なんだ?」

ヘリオス「このあたりの爆丸か…?」

「グルルルル…!」




「グオォォッッ!」

ヘリオス「なっ!?」




エーオス「ヘリオス!危ない!」

ヘリオス「あっ!?」




「グガアアアアッ!」

エーオス「くっ!」




ヘリオス「エーオスッ!」
















レスキュー「……結論から言いましょう、特に命に問題はありません」




エーオス「そうか……すまないなレスキュー」

フォス「よかったねエーオスさん」

Aパーシバル「とりあえず一安心だな。あとは逃亡したさっきの爆丸を
         見つけ出して事情を――」

レスキュー「ですが……少々これまでどおりとはいかないでしょうね」

ヘリオス「ど、どういうことだ?」




レスキュー「それが、相手の攻撃は大したことはなかったようではあるものの、
       あまり当たり所が良くなかったようで、しばらくはバトルなどはせず、
       静かに療養する必要がありそうです」

エーオス「それができなかったらどうなるんだ?」

レスキュー「それこそ、二度とバトルはできない体になるでしょう」

エーオス「そうか……具体的にはどれぐらいの期間だ?」

レスキュー「最低、一年は見た方がいいでしょうね。
       エーオスさんのお里は、爆丸さんたちの世界でしたね?」




エーオス「ああ、闘竜の谷。ヘリオスと同郷だ」

レスキュー「そういえば幼馴染なのでしたね。それでエーオスさん、
       この際ですから、一度お里に戻ってゆっくり療養されては
       如何でしょう?」

エーオス「故郷に戻って療養、か…」

レスキュー「ええ。病は気からといいます。長期戦になりそうですし、
       一番リラックスできる環境で治療に専念するのが、
       最良だと思うのですが」

 


エーオス「なるほどな……レスキューがそう言うのなら、それが一番いいのだろう。
      わかった。しばらくは故郷に戻り、治療に専念しよう」

ヘリオス「エーオス……」

エーオス「情けない顔をするなヘリオス。
      ついでに、お前が元気でやっていることもみんなに報告しておいてやるさ」




ヘリオス「…………」




ヘリオス「な、なあみんな」




ヘリオス「エーオスが闘竜の谷に戻るってんなら、
      俺も一旦、一緒に谷に戻ろうと思う」




縒玖良「……え?」




エーオス「ヘリオス、お前なにを…」

ヘリオス「一緒に行かせてくれよエーオス。元はといえばその怪我は、
      俺をかばったのが原因だ。なら俺が責任取るのは筋ってもんだし、
      谷なら俺も勝手がわかるから、サポートぐらいしてやれる」

エーオス「ヘリオス……」

フォス「ヘリオス、本気なんだね?」

ヘリオス「悪いな……でも、これは俺がやるべきことだ。男としてな」




縒玖良「なんで……」




縒玖良「なんでそんなこというんへっちゃん!?」

ヘリオス「縒玖良……」

縒玖良「うちらチームやろ!?ヘっちゃんおらんくなったら、
     うちらどうすればいいが!?うちらずっと一緒やろ!?
     なんでそんなこというん!?」

エーオス「…………」




ヘリオス「縒玖良……本当にすまねえ。でも、俺たちは離れたって、
      ずっとチームだ」




ヘリオス「みんな、俺がいなくなったあとも頼むぜ」

フォス「もちろん!」

Aパーシバル「ま、なんとでもしてやるさ」




縒玖良「なんでや……なんでそんなふうにみんな……」




縒玖良「もういい!もうへっちゃんなんて知らん!!」

フォス「縒玖良!?」

樹里「縒玖良ちゃん!!」




フォス「縒玖良……」




ヘリオス「フォス、アルファ、行ってやってくれ」

フォス「でも……」

ヘリオス「頼む」

フォス「うん……





PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 俺とお前とフィギュアロボ All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]