忍者ブログ
ADMIN / ENTRY
カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[12/02 長そで]
[10/03 カロ・クレド]
[11/24 長そで]
[11/16 嫁子]
[11/10 長そで]
プロフィール
HN:
長そで with BB@鉄板 and イリアス
性別:
男性
趣味:
見たまんま&それぞれに他多数
自己紹介:
・長そで
石川県在住の神姫マスターにして、玩ヲタの卵。高校二年で神姫に目覚めた、色々致命的な人。決して高くないバイトの給料を玩具に注ぎ込む駄目人間。兄貴分どころかもはやお義父さんであるBB@鉄板を尊敬と畏怖を込めて"店長"と呼んだり呼ばなかったりする。
長そで宅の神姫達
縒玖良と愉快な?爆丸たちシリーズまとめ

・BB@鉄板
兵庫県在住の大学生神姫マスターにして、ひよっ子モデラー。現在、諸事情により更新を無期休止中。
BB@鉄板宅の神姫達

・イリアス(いりあす)
神奈川県在住のT大生神姫マスターにして、そこいらに転がっている自称作家予備軍。バトロン終了に伴い、今後の身の上について目下悩み中。上の二人を呼んだり呼ばれたりする際は唯一呼称を変えたり変えられたりする。
ただいま就活中で更新頻度激落ち。

(c) 2006 Konami Digital Entertainment Co., Ltd.
当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しています。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
~手のひらサイズの娘達~
<<  2018/01  >>
1 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 
[719]  [718]  [717]  [716]  [715]  [714]  [713]  [712]  [711]  [710]  [709
2011/09/29  19:15:02


110930na1.jpg






帝シヴァク「なるほどそうか……まさかあのラインハルトがな……」

破ムニキス「はい」

帝シヴァク「ずっと思ってたんすよ……彼真面目だから、
       うちの校風には合わないのかもなって……
       いや、いいやつでしたけど、でしたっすけど」

破ムニキスS「校風……」

帝シヴァク「しかしこれは、やはりあの小娘をギャフンと言わせるのは、我々自身で
       やらねばならない、ということだな……」

破ムニキスS「ですが、メタ・ドラゴノイドはまだ目覚めないのでしょう?」



110930na2.jpg






帝シヴァク「うむ、あれからその辺の爆丸のエナジーを何度か与えてみたが、
       どうもまだ目覚める気配がない。お寝坊さんだな」

破ムニキス「一体どうすれば……」

帝シヴァク「安心するがいい、既に次の手は考えてある。
       今日も真面目に悪いことしましょう」



110930na3.jpg






帝シヴァク「ということでお前たち、早速次の作戦に移るぞ!手分けして遂行せぇい!」

「「「「「了解!」」」」」

 










110930na4.jpg






「ぐふっ」



110930na5.jpg






「なっ、なななななんだねチミたちは!」

破ムニキスS「なに、怪しいものじゃないよ。ちょっとそのオーブに興味があるだけさ」

「ななななななんじゃと!」



110930na6.jpg






「き、きききき貴様ら、この炎のオーブが一体どんな代物かわかっちょるのか!?」



110930na7.jpg







「この炎のオーブこそ、古の時代に猛威を振るったメタ・ドラゴノイド率いる
 魔竜の一族に対して勇敢にも立ち向かったという戦士が、いずれ起こるであろう
 メタ・ドラゴノイド復活に備えて残した聖なるオーブ!
 不用意に触れるなど持ってのほかなのじゃ!」



110930na8.jpg






「さっさとこの場から立ち去りたm

ステルスコアデム「……フフフ……ステルス、ステルス……」



110930na9.jpg






「はひっ!?」





「ぎゃわー!?」


110930na10.jpg






ステルスコアデム「ふむ、他愛もない」

破ムニキスS「ああ。それじゃあ早速、このオーブを持ち帰るとしよう。
         もし古代の戦士が復活したら、メタ・ドラゴノイド復活の妨げになる。
         でもこれさえ封じてしまえば……」



110930na11.jpg






(ふわり

破ムニキスS「って、あれー!?」

ステルスコアデム「勝手に飛んでるー!?」

破ムニキスS「こ、これがホルターネッk……じゃない、ポルターガイスト…!」



110930na12.jpg






ステルスコアデム「……行っちまった……」

破ムニキスS「あぁ、行ってしまった……」



110930na13.jpg






(ふわふわ


110930na14.jpg






(バシュゥ



110930na15.jpg






(ふわふわ




110930na16.jpg






破ムニキスS「ということで失敗しました」

帝シヴァク「ぬぁぁんですってぇ!」



110930na17.jpg






帝シヴァク「ま、まぁいい……これはあくまで保険にすぎない。
       本当の本命はもう一方だ……!もう一方なんだからね……!」











110930na18.jpg






Aヒュドラ「では、これが例のものです」



110930na19.jpg






Aパーシバル「そうか、これがトランスフォーメーション・ハブ……」

Aヒュドラ「えぇ、危険な代物です。なんとしても守り抜いてください」

Aパーシバル「もちろんだ。では、確かに」



110930na20.jpg






縒玖良「アっちゃん、そのとらんすふぉーめーしょんはぶって何?」

Aパーシバル「あぁ、このトランスフォーメーション・ハブというのは、
         爆丸専用の大型生体兵器だ」



110930na21.jpg








Aパーシバル「つい最近、とある大きな戦争があったのだが、その時に作られたものでな、
         戦争が一段落したあとは、このカプセルに封印し」



110930na22.jpg






Aパーシバル「このサブテラの民によってひとまず管理をされていたんだ」

Aヒュドラ「えぇ、しかし先日、アルファ・パーシバルさんから連絡を受けましてね、
      帝シヴァク達がこれを狙っているかもしれない、と」

Aパーシバル「あの兵器は、ダークオンのエナジーと最も適合する。
         やつらが目をつける可能性は高い」



110930na23.jpg






フォス「だから今のうちに一旦サブテラの皆さんのところから引き取っておいて、
    シヴァクたちの目に付かないようにしておこう、ってことだね」

Aパーシバル「あぁ、そういうことだな」

縒玖良「ほへー、なんかよくわからんけどすごいじ……」

Aパーシバル「ま、要はこれを悪用されないように私たちで守ろう、ということさ」






「おおっと、果たしてそう上手くいくかな!?」



110930na24.jpg






縒玖良「え」

フォス「あー」



110930na25.jpg






Cヘリオス「目をつけてたサブテラの連中が不穏な動きをしていたから追いかけてみれば、
       まさか先にお前らが目をつけていたなんてな」

フォス「やっぱりまた君たちかー……」

Cヘリオス「ええい、またとか言うな、またとか!」

破ムニキス「とにかくそれは我々にとっても必要な代物。渡してもらおうか」



110930na26.jpg






縒玖良「あげんし!これは危険やってアっちゃん言っとったもん!
     絶対にシヴァク達にはあげんよ!」

破ムニキス「ほう、なら我々のやり方で白黒つけようじゃないか」

縒玖良「もちろん!」(ガシャコッ

『Gauntlet  activate』


Aパーシバル「! いや、まて縒玖r


110930na27.jpg






縒玖良「ガントレット、チャージオン!」(ヴゥン



110930na28.jpg






Aパーシバル「あぁ……やってしまったか……」

縒玖良「えっ、アっちゃんなに……?うち何かしてしまった?」

Aパーシバル「縒玖良、今日我々のチームは一人足りないだろう」

縒玖良「え、うん。へっちゃん熱出して寝込んどるから、
     今日はフォっちゃんとアっちゃんだけやね」

Aパーシバル「爆丸バトルはな、本来は三体揃わねばできないものなんだ。
         だから戦える爆丸が二体しかいないデッキは、ステイができない」

縒玖良「ステイができん?じゃあ手元に誰もおらんくなったらどうするが?」

Aパーシバル「……相手にクリティカルされるか、バトルでスタンドが解除されるまで、
        こちらは一切の行動が出来なくなる」

縒玖良「ええー!?」



110930na29.jpg






縒玖良「じゃ、じゃあどうすればいいがん!?」

Aパーシバル「こうなってしまった以上、私とフォスがバラバラのゲートに
         スタンドしてしまわないようにしながらバトルを進める以外、
         他に方法はない……」



ハーデス「…………」

樹里「あ……」



110930na30.jpg






Aヒュドラ「ああ!そういうことなら私たちの中から一人助っ人を



110930na31.jpg






「おっと、そうはいかんざき!でござる!」



110930na32.jpg






Mイングラム「ダークオン忍術!蓮風呂縛りの術!」

Aヒュドラ「ぬわっ、これでは動けない!」



110930na34.jpg






ハーデス「ヒュドラ!」

Aパーシバル「くっ、ダメか……!」

フォス「やっぱり僕達だけでなんとかするしかないみたいだね……!」

縒玖良「うん、もうやるしかないげんね、がんばろ!」



110930na35.jpg






ハーデス「くっ……私に属性エナジーさえあれば……」

樹里「ハーデスさん……ハーデスさんのせいじゃないよ……」



110930na36.jpg






縒玖良「そうやよ!気にすることないって!うちらが絶対勝ってみせるから!
     ゲートカード、セット!」



110930na37.jpg






縒玖良「フォっちゃん、行くよ!」

フォス「うん縒玖良!」



110930na38.jpg






縒玖良「爆丸シュート!ポップアウト!ルミナフォス!」




( つ づ く

PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
ダークオン基地にわらわらいるw
それにしても部下の裏切りを真面目だからで済ますシヴァクさま・・・!
たsk 2011/09/30(Fri)01:51:08 編集
野望とカプセルと返信その1
>たskさん
ダークオンメンバーは実は初期よりもじわじわ増えてますw
しかし狭いスペースでも案外アジトっぽくなんとかなるのが爆丸のサイズの利点ね!
シヴァク様には…ある意味こうなるのはわかってい……いや、いなかっただろうなぁ(ぇー
長そで 2011/10/02(Sun)00:37:51 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 俺とお前とフィギュアロボ All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]