忍者ブログ
ADMIN / ENTRY
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[12/02 長そで]
[10/03 カロ・クレド]
[11/24 長そで]
[11/16 嫁子]
[11/10 長そで]
プロフィール
HN:
長そで with BB@鉄板 and イリアス
性別:
男性
趣味:
見たまんま&それぞれに他多数
自己紹介:
・長そで
石川県在住の神姫マスターにして、玩ヲタの卵。高校二年で神姫に目覚めた、色々致命的な人。決して高くないバイトの給料を玩具に注ぎ込む駄目人間。兄貴分どころかもはやお義父さんであるBB@鉄板を尊敬と畏怖を込めて"店長"と呼んだり呼ばなかったりする。
長そで宅の神姫達
縒玖良と愉快な?爆丸たちシリーズまとめ

・BB@鉄板
兵庫県在住の大学生神姫マスターにして、ひよっ子モデラー。現在、諸事情により更新を無期休止中。
BB@鉄板宅の神姫達

・イリアス(いりあす)
神奈川県在住のT大生神姫マスターにして、そこいらに転がっている自称作家予備軍。バトロン終了に伴い、今後の身の上について目下悩み中。上の二人を呼んだり呼ばれたりする際は唯一呼称を変えたり変えられたりする。
ただいま就活中で更新頻度激落ち。

(c) 2006 Konami Digital Entertainment Co., Ltd.
当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しています。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
~手のひらサイズの娘達~
<<  2017/06  >>
10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 
[588]  [587]  [586]  [585]  [584]  [583]  [582]  [581]  [580]  [579]  [578
2010/08/24  23:48:59
もう今週末がキャラホビとかマジですかよ奥さん。
何も準備してないんですががが



100824na1.jpg






(スッ

瑳音(黒)「…………」



100824na2.jpg






瑳音「…………!」


(シャッ




100824na3.jpg






希亜良(犬)「誤射ならぬ……なんていうんだコレは。らしくないぞ」

瑳音「すいません、ちょっと考え事をしていたもので」

希亜良「珍しいな」



100824na4.jpg






希亜良「……ハガネのことか?」

瑳音「ええ、まぁ」

希亜良「あいつもなんというか、危なっかしいからなぁ」

瑳音「ええ。ハガネさんを見ていると、なんだか昔を思い出します」

希亜良「昔? いや、昔のお前はむしろ…」

瑳音「いえ、私じゃなくて」



100824na5.jpg






瑳音「昔の希亜良さんを」

希亜良「って、私かい」



100824na6.jpg






瑳音「昔の希亜良さんも、だいぶトゲトゲしてましたからね」

希亜良「う……否定はしないが、あそこまでではなかったぞ」

瑳音「ええ、まぁそれは私もそう思いますが」



100824na7.jpg






瑳音「でもラースタちゃんと和解するまでの希亜良さんって、本当にとげとげしかったというか
    素直じゃなかったですからね」

希亜良「う、うるさいな! それを言ったらお前だって、昔はマイペースで、周りにあまり興味がなくて、
     ずっと自分の世界だっただろ!」

瑳音「って、希亜良さんもマスターもよく言いますよね」

希亜良「ふん、あの頃は戸惑ったもんだぞ。姉はもっと、妹の面倒を見るものだと思っていたからな。
     それが、まさか他所の家の神姫の心配までするようになるとは」

瑳音「そうですねぇ。でもそういう言い方をするっていうことは、今の私って、少し成長しました?」

希亜良「んなっ…!」



100824na8.jpg






希亜良「ま、まぁその…それはだな…」



100824na9.jpg







希亜良「す、少しは姉として、年長者としての自覚も出てきたみたいだが…私にしてみれば、
     お前なんてまだまだだ。……いやその……でも、マシにはなったぞ……」



100824na10.jpg






希亜良「演習の予定があった。私はもう行く!」

瑳音「あら、いってらっしゃい」



100824na11.jpg






瑳音「……希亜良さんも、だいぶ素直にはなりましたよね」




ちなみに本当に切れ味のいい日本刀は、鞘から抜くときに鞘の内側を下手に擦ると、
鞘すら綺麗に切ってしまうので、抜くのには細心の注意が必要になるという、学校の先生のマメ知識。
業物の手に持って鑑賞するときは気をつけないと
いつの間にか指がなくなってても不思議じゃないそうですよ(ぉ
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
瑳音さんの優しさに全烏丸の涙腺が崩壊した(´;ω;`)ブワッ
そうですか…希亜良さんにもそんな時代が…
瑳音さんもそうですが、希亜良さんもしっかりとした責任感をお持ちで、すっかりお姉さん…というか隊長としての風格が発せられている気がします。

太刀が全盛の時代には鉄鞘が多かった、というのも納得ですよね~。
日本の技術は世界一ィィィ!
烏丸 賽 2010/08/28(Sat)00:47:22 編集
マシになった返信
>烏丸 賽さん
ハガネさんにそれだけ感じるものがあるということでしょうとも!
希亜良が私設部隊を立ち上げて部下を引き連れているのも、
その頃の勢いで誕生したものであると説明すれば納得されるかと思いますw
親としては、二人ともいいお姉ちゃんコンビになったと思うのですが、
どっちもたまーになんかが抜けてるのがなんとも…(ぉ

日本の職人は本当にすごいですよね。
造ってる最中でも、気を抜けば指が飛んでいったりしたに違いない(ぇー
長そで 2010/09/01(Wed)00:25:40 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 俺とお前とフィギュアロボ All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]