忍者ブログ
ADMIN / ENTRY
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[12/02 長そで]
[10/03 カロ・クレド]
[11/24 長そで]
[11/16 嫁子]
[11/10 長そで]
プロフィール
HN:
長そで with BB@鉄板 and イリアス
性別:
男性
趣味:
見たまんま&それぞれに他多数
自己紹介:
・長そで
石川県在住の神姫マスターにして、玩ヲタの卵。高校二年で神姫に目覚めた、色々致命的な人。決して高くないバイトの給料を玩具に注ぎ込む駄目人間。兄貴分どころかもはやお義父さんであるBB@鉄板を尊敬と畏怖を込めて"店長"と呼んだり呼ばなかったりする。
長そで宅の神姫達
縒玖良と愉快な?爆丸たちシリーズまとめ

・BB@鉄板
兵庫県在住の大学生神姫マスターにして、ひよっ子モデラー。現在、諸事情により更新を無期休止中。
BB@鉄板宅の神姫達

・イリアス(いりあす)
神奈川県在住のT大生神姫マスターにして、そこいらに転がっている自称作家予備軍。バトロン終了に伴い、今後の身の上について目下悩み中。上の二人を呼んだり呼ばれたりする際は唯一呼称を変えたり変えられたりする。
ただいま就活中で更新頻度激落ち。

(c) 2006 Konami Digital Entertainment Co., Ltd.
当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しています。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
~手のひらサイズの娘達~
<<  2018/07  >>
10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 
[964]  [963]  [962]  [961]  [960]  [959]  [958]  [957]  [956]  [955]  [954
2014/07/11  00:00:01

・前回のお話はこちら









樹里「それで、ネーグはどうしてうちに?ウォブニアも」

ネーグ「おう」




ネーグ「お前、しばらく前にメールで爆丸の暴走がどうとか、
     ウィルスがどうとか言ってただろ。で、俺にも何かできないかと思ってよ、
     兄貴を探し出して何かわかんねえかって、調べてもらってたんだ」

樹里「それでどうなったの?」

ネーグ「ま、なんとなく見当がついたから、こうしてここに来たわけなんだが」




ウォブニア「爆丸暴走ウィルス、私とミラージェ様が調査した結果、
       そんなウィルスは現代には確かに存在していなかった。
       現代にはな」

樹里「現代には……?」

ウォブニア「ああ。だが、ミラージェ様はそこで、古い資料に似たような
       事例があったことを思い出され、文献をお調べになったのだ」




ウォブニア「焔ドラガオンGと直接接触したことがあるお前たちならば
       知っているかもしれないが、古代魔竜戦争当時、
       魔竜と戦う戦士たちの中でも特に精鋭と呼ばれた者たちは、
       魔竜の呪術や幻術に対抗するため、魔竜と同じく身体を黒く染めるという、
       一種のまじないのようなものをしていたとされている。
       実際、それには効果があったようで、魔竜の行使する
       多くの術をそれによって防ぐことができたらしい」




ウォブニア「しかし戦時中、ある事件が起こった。
       戦士団の中でもとくに名を馳せていたムニキス族の戦士が
       突如として無差別に仲間を襲い始めたのだ。
       狂乱したかのようなムニキスの様子に魔竜の陰謀を疑う者もいたが、
       当時戦士団の中では黒の守りを貫通する幻術はほぼ存在しないという
       考え方が支配的で、結果的にそれは反乱として処理された」




ウォブニア「しかし戦後、戦士団でもきっての知将とされた蒼ジンリュウBBは、
       魔竜族の城砦から回収された資料を整理していて、
       ムニキスが仲間を襲い始めたのは、反乱などではないのではないかと
       疑い始めた。回収された資料は断片的なものしかなかったが、
       そこには魔術や幻術とは異なる体系の研究資料が残されており、
       まったく別の精神操作方法が存在する可能性が浮上したのだ」




樹里「つまりそれが…爆丸暴走ウィルスっていうこと……?」

ウォブニア「当時、少なくとも魔竜族以外の爆丸たちにはウィルスという概念は
       存在していなかった。だからか、結局蒼ジンリュウBBも真相を
       突き止めるに至ったという記録は残されていない。
       だが魔術やマイナスエネルギー以外で爆丸を暴走させる存在の資料は、
       これ以外にはほとんど存在していなかった」




ネーグ「んで、こいつはもしや裏に魔竜が絡んでるんじゃないかって話になってな、
     急いで駆けつけたらジャストタイミングだったってわけだ」

樹里「そっか、ありがとうみんな……」

ネーグ「なーに、お前らには世話になったからな。
     今度はこっちが力になる番だろ?」




ウォブニア「我々は別にそこまで義理は感じていないのだが、
       魔竜と聞いてドラガのやつが乗り気でな」

樹里「あぁそっか、そういう因縁なんだ」

ウォブニア「ああ。今は最終調整中だが、やりあうつもりらしい」




Mハーデス「かつてドラガオンが戦った魔竜族が相手となれば、
        ドラガにとっては力を試す絶好のチャンス、ってことね」

エイヴィア「ノスミクのやつもああ言った手前、ドラガがやると言ったら
       従わないわけにはいかないんだろう。
       まぁ本人としても好きでやってるんだろうが」




ウォブニア「さて、私は一旦ラボに戻る。ネーグ、あとは勝手にするがいい」

ネーグ「おう、ありがとうなウォブニア。兄貴によろしく言っといてくれ」

ウォブニア「伝えよう」




樹里「ウォブニア、本当に、ありがとね。また今度、一対一でリベンジさせて」




ウォブニア「次も勝つのは私だがな、まぁいいだろう」




ウォブニア「キマイラ、コンテスター、もどるぞ」

キマイラ「む」




樹里「でもそっか……ノスミクも協力してくれたんだ……
    その、よかったね……」

ネーグ「なんだかんだと探し出すのには苦労したが、
     頼んだらびっくりするぐらいすんなり受けてくれた。
     お前らのおかげだよ。感謝してるぜ」

樹里「ううん、それはネーグやエイヴィアが頑張ってきたからこそ、だから」




樹里「……これから、どうなるのかな」

ネーグ「言ったろ、今度は俺が力になるってな。できる限りのことはやるつもりだ」

樹里「うん……」

ネーグ「縒玖良のことは、今は信じて待つしかねえ。だが、
     仮にどうなったとしてもやり遂げる覚悟が今の俺たちには必要だ」

樹里「そうだね……」




ネーグ「お前らは一度魔竜を倒してるんだ、そこに俺達が加わるんだぜ。
     自信持てよ、樹里」




樹里「うん……ありがとう、ネーグ」




モナルス「うふふふふふ……」

Tウィルダ「モナルス、きもちわるい……」

センチピード「キュイ……」















縒玖良「ん……どこやここ?」



「縒玖良……」




縒玖良「……声?」




コアデム「縒玖良、ココハオ前ノ精神ノ内側ダ」

縒玖良「せいしんのうち……って、ええ!?」




縒玖良「こ、コアデム……? あのコアデムやよね?」

コアデム「ソウ、俺ハアクア・コアデム、カツテオ前ト戦ッタ、アノコアデムダ」

縒玖良「ど、どうして……?」




コアデム「ウム、アノ時、俺ハオ前ノ命ヲ再生サセテ力ヲ使イ果タシ、
      消滅シタハズダッタ。シカシアノトキ、俺ハオ前ノ命ヲ
      再生サセタノデハク、無意識ニ俺自身ノ命ヲ与エル形ニ
      ナッテイタラシイ」




コアデム「故ニ俺ハ、身体コソ消滅シタガソノ魂ノ半分ハ残リ、
      オ前ノ一部トナッタ。ダカラコノオ前ノ内ナル世界ニ、
      今モ存在シテイルトイウワケダ」

縒玖良「ほぇー……よくわからんけど、なんかすごいことになっとってんね」

コアデム「ウム。ソシテ俺ハ、オ前ノ戦イヲ、ズットココカラ見テイタ」



コアデム「シカシ、縒玖良。マタ他人ヲ庇ッテ死ヌトハ、相変ワラズダナ」

縒玖良「しゃーないやろ、こういうのは身体が勝手に動くもんねんから」

コアデム「ワンパターンダ」

縒玖良「むー」




コアデム「……ダガ、ソンナオ前ダカラコソ蘇ラセタ価値ガアッタ。
      自身ノ過チノ償イトハイエ、オ前ヲ死ナセナクテヨカッタ」




縒玖良「コアデム……」




コアデム「ソシテソンナオ前ヲ、マダ死ナセルワケニモイカナイ」

縒玖良「え?」

コアデム「オ前ハ今、死ノ淵ニイル。ダガ俺ノ残ッタ力ヲ使エバ、
      オソラク前ヲ蘇ラセルコトガデキルダロウ」

縒玖良「そんなことできるん!?」




コアデム「アクマデ推測ダガナ。オ前ヲ以前蘇生サセタコトデ、
      俺ノ魂ノ半分ダケガココニ残ッタトイウノナラ、
      残リモウ半分ヲ使ウコトデ、モウ一度同ジコトガデキルハズダ」




縒玖良「えっ、でも待って、もしかしてそんなことしたら……」

コアデム「アア、俺ハオソラク、ココカラモイナクナルノダロウナ」

縒玖良「そんな……また会えたんにそんなんないやろ……!」

コアデム「ジャアオ前ハ、志半バデ死ヌツモリカ?」

縒玖良「それは……」

コアデム「俺ハオ前ヲ見テキタ、今回ノ戦イモ。
      ダカラコソオ前ニハ、ヤリ遂ゲテホシイ」




コアデム「縒玖良、オ前ノ望ミガ今ナラ俺ニモ手ニ取ルヨウニワカル。
      オ前ノ望ミヲ叶エロ。大好キナ爆丸タチヲ救エ。
      ソシテ、オ前ト同ジク爆丸ヲ愛スル者タチヲ救エ」

縒玖良「コアデム……」

コアデム「爆丸バトルハ楽シイモノナンダロウ?
      マダソノ楽シサヲ、アノ娘ニ教エテイナインジャナイノカ?」

縒玖良「うん、そうやった……そうやったね」




縒玖良「わかった……コアデムの命、うちにちょうだい」

コアデム「ウム……」

縒玖良「ぜったい……ぜったいに、やり遂げて見せるから」

コアデム「アア、ソレデコソ縒玖良ダ」




コアデム「ヨシ、デハ早速始メルゾ」

縒玖良「うん」




「面白そうなことをしているな」





「「!?」」


「その話、私も一枚噛ませてもらおうか」




(続く
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 俺とお前とフィギュアロボ All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]