忍者ブログ
ADMIN / ENTRY
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[12/02 長そで]
[10/03 カロ・クレド]
[11/24 長そで]
[11/16 嫁子]
[11/10 長そで]
プロフィール
HN:
長そで with BB@鉄板 and イリアス
性別:
男性
趣味:
見たまんま&それぞれに他多数
自己紹介:
・長そで
石川県在住の神姫マスターにして、玩ヲタの卵。高校二年で神姫に目覚めた、色々致命的な人。決して高くないバイトの給料を玩具に注ぎ込む駄目人間。兄貴分どころかもはやお義父さんであるBB@鉄板を尊敬と畏怖を込めて"店長"と呼んだり呼ばなかったりする。
長そで宅の神姫達
縒玖良と愉快な?爆丸たちシリーズまとめ

・BB@鉄板
兵庫県在住の大学生神姫マスターにして、ひよっ子モデラー。現在、諸事情により更新を無期休止中。
BB@鉄板宅の神姫達

・イリアス(いりあす)
神奈川県在住のT大生神姫マスターにして、そこいらに転がっている自称作家予備軍。バトロン終了に伴い、今後の身の上について目下悩み中。上の二人を呼んだり呼ばれたりする際は唯一呼称を変えたり変えられたりする。
ただいま就活中で更新頻度激落ち。

(c) 2006 Konami Digital Entertainment Co., Ltd.
当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しています。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
~手のひらサイズの娘達~
<<  2017/10  >>
10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 
[976]  [975]  [974]  [973]  [972]  [971]  [970]  [969]  [968]  [967]  [966
2014/10/14  00:00:00
・これまでのお話はこちら
                            

                           
稚綾「ぅ……」




稚綾「……ここは……?」




メタルフェンサー「ヴッ、ヴッ」

稚綾「……? えっ……?」




「目が覚めたようだな」




稚綾「……?」

ミラージェ「お前のことが気に入ったようでな、ずっと付きっきりでいたようだ。
       礼を言ってやってくれ」

メタルフェンサー「ヴッ♪」

稚綾「だ、誰……?」




ミラージェ「ミラージェ・アパリションという。お前は稚綾だな…?」




稚綾「どうして私の名前を……」

ミラージェ「ある筋からな。縒玖良という娘を知っているだろう」

稚綾「縒玖良の仲間なの……?」

ミラージェ「いや、どちらかというと敵だが……まぁ、それはどうでもいい」




稚綾「私、どうしてこんなところに……」

ミラージェ「魔竜を狩りに出かけたら、偶然お前たちが倒れていたのを見つけた。
       魔竜どもを倒すついでに拾ってきただけだ。
       肝心の魔竜には逃げられたが」




稚綾「そっか……私、あの時また魔竜にやられて……」




稚綾「なんで上手くいかないんだろう……必死で期待に応えようともしたし、
    自分で決めたことを頑張ろうともしたのに……全部ダメだった……
    私って本当は……なんにもない子だったんだな……」




ミラージェ「何もない、か……」




ミラージェ「ヒトは自分が何もないと思っていても、
       それを捨てたと自分自身で思っていたときでさえも、
       見えづらいところに最後の一握りをもっているものだ」




ミラージェ「お前には、お前を本当に想ってくれる者が
       果たして一人もいなかったか?」

稚綾「私を……?」

ミラージェ「気づこうとしてこなかったならば、考え直してみるがいい。
       もしお前を気にかける者がこの世界にまだ一人でもいるのだとしたら、
       お前には"お前である"という価値が残っている」




ミラージェ「……出かける用事がある。お前も来るか?」












縒玖良「ゲートカード、セット!」




縒玖良「爆丸シュート! ポップアウト、ルミナ・アルファ・パーシバル! 」

Aパーシバル「さて……」




Bドラゴノイド「出てきたか。ならば」




Bドラゴノイド「アビリティ、デッドリー・ドライバー!」




Bドラゴノイド「貴様たちのゲート、見せてもらうぞ」

スタッグ「No!?」




Bドラゴノイド「そしてさらに我々は二回シュートができる」




Bドラゴノイド「まずは私!そして!」




フォス「がるるるるる!!」

Aパーシバル「この様子は……例のウィルスか!
         ならやはり、バトルに勝ちさえすれば……!」




縒玖良「よーし!ゲートカード、オープン!」




縒玖良「脆弱な風!」

<光属性フォス:500G+JP300=800>
<光属性アルファ・パーシバル:570G+JP300=870>

Aパーシバル「忘れたかフォス? バトルギアさえなければ、
         パワーレベルではお前には負けていない!」




フォス「がるるるっ!!」

Aパーシバル「あれは、王者の咆哮…!」

<光属性フォス:500G+JP300=800>
<光属性アルファ・パーシバル:570G=570>

Aパーシバル「ジャッジポイントが……そうか、光属性の強力なゲートで、
         光属性同士が戦えば、ジャッジポイントを得られない方は
         ゲートが強力なほど不利になる……!」




縒玖良「でもこっちはあっちと違って、ルミナ専用のデッキや!
     アビリティ発動!スリーク・ジャブ!」

<光属性アルファ・パーシバル:570G+250=820>




フォス「ぐるるっ!!」

<光属性フォス:500G+JP300+200=1000>



縒玖良「ルミナの撃ち合いなら負けん!アビリティ発動!
     結束する閃光!!」

<光属性アルファ・パーシバル:570G+250+300=1120>




Aパーシバル「そういうことだフォス!お前のいるべき場所はそこじゃない!」




(つづく























PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 俺とお前とフィギュアロボ All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]