忍者ブログ
ADMIN / ENTRY
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7 8
9 10 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
[12/02 長そで]
[10/03 カロ・クレド]
[11/24 長そで]
[11/16 嫁子]
[11/10 長そで]
プロフィール
HN:
長そで with BB@鉄板 and イリアス
性別:
男性
趣味:
見たまんま&それぞれに他多数
自己紹介:
・長そで
石川県在住の神姫マスターにして、玩ヲタの卵。高校二年で神姫に目覚めた、色々致命的な人。決して高くないバイトの給料を玩具に注ぎ込む駄目人間。兄貴分どころかもはやお義父さんであるBB@鉄板を尊敬と畏怖を込めて"店長"と呼んだり呼ばなかったりする。
長そで宅の神姫達
縒玖良と愉快な?爆丸たちシリーズまとめ

・BB@鉄板
兵庫県在住の大学生神姫マスターにして、ひよっ子モデラー。現在、諸事情により更新を無期休止中。
BB@鉄板宅の神姫達

・イリアス(いりあす)
神奈川県在住のT大生神姫マスターにして、そこいらに転がっている自称作家予備軍。バトロン終了に伴い、今後の身の上について目下悩み中。上の二人を呼んだり呼ばれたりする際は唯一呼称を変えたり変えられたりする。
ただいま就活中で更新頻度激落ち。

(c) 2006 Konami Digital Entertainment Co., Ltd.
当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しています。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
~手のひらサイズの娘達~
<<  2017/04  >>
2 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 
[523]  [522]  [521]  [520]  [519]  [518]  [517]  [516]  [515]  [514]  [513
2010/04/02  00:00:00
・これまでのあらすじ

そーんな感じ



100328na75.jpg









100328na77.jpg









100328na79.jpg









100328na80.jpg









100328na81.jpg






(ゴトッ



100328na82.jpg






希亜良「やはり弱い……お前の剣裁きは、一見完璧だ」



100328na83.jpg






希亜良「東洋の刀は、極限まで邪念、雑念を捨て、歪みのない澄んだ太刀筋を描いてこそ、
     その真の切れ味を発揮する。そしてお前は、今に至るまでそれを完璧に実践している。
     しかしな、そんな無の境地に、一つだけ乗せるべき念がある。
     今のお前の太刀筋には、それが乗っていない」



100328na82.jpg







希亜良「お前の信念はどこにいった……!
     ラースタと私を共に心配してくれたのも、マスターとラースタの後押しをしたのも、お前だ……!
     たとえこれがお前の本心だとしても、これまでお前が私たちに言ってきた言葉が
     嘘だったとは言わせん……お前が想い、考え、だからこそ示してきたんじゃないのか…!
     それが、自らの言葉を忘れ、ラースタに刃を向け……」



100328na84.jpg






希亜良「今の貴様の刀など……!」



100328na85.jpg






希亜良「手負いの私の、」



100328na86.jpg






希亜良「この拳にすら劣るわぁッ!」



100328na87.jpg









100328na88.jpg









100328na89.jpg














「(――あぁ、そうか。これでよかったんですね)」






100328na90.jpg






「(希亜良さんがきて、七瀬さんがきて……ラースタちゃんがきて、
  確かにマスターは、もう私一人のものではないけれど)」



100328na91.jpg













「(その代わり、今の私には、こんな風に、私が間違ったら殴ってくれる人がいる
  
 それだけじゃない。

 私のために泣いたり、笑ったりしてくれる人が、たくさんできた)」





100328na92.jpg






「(それはとても幸せなことで)」



100328na93.jpg
















「(暖かいことで)」



100328na94.jpg
























100328na95.jpg






「(何も寂しがったり、悲しんだりする必要なんてないことだったんですね)」









「(私は、私が失った時間以上に、価値のある時間を手に入れている)」











100328na96.jpg






希亜良「はぁ……はぁ……はぁ……」



100328na97.jpg






瑳音「……そうですね」

希亜良「!!」



100328na98.jpg






瑳音「……希亜良さんのパンチの方が、痛いです」



100328na97.jpg






希亜良「ふっ……当たり前だ……」

瑳音「そうですか……? そうかもしれませんね」

希亜良「くくっ……」



100328na99.jpg






希亜良「はっはっはっはっはっは」

瑳音「ふふっ……」



100328na100.jpg






マインドワイプ「やれやれ、とんだ茶番になったな……」



100328na101.jpg






マインドワイプ「次はもっと、使えそうなのを探すとするか……」



100328na102.jpg


















100328na103.jpg






「ほんっとうにすいませんでした!」



100328na104.jpg






ラースタ「い、いいよさーりゃん!頭上げてよ!」

瑳音「いえ!」



100328na105.jpg







瑳音「直接の戦闘ではなかったとはいえ不覚を取り、心の弱みを利用され、
   あまつさえラースタちゃんたちを襲うなんて、いくらなんでも許されることでは……!」



100328na106.jpg






ラースタ「ほ、本当にいいよ……さーりゃんは悪くないもん。それに……」



100328na107.jpg






ラースタ「ボクもその気持ち、ちょっとわかるから……」

瑳音「ラースタちゃん……」

ラースタ「シル姉とマスターが一緒になったとき、シル姉にマスターを独り占めされたような気分に
      なっちゃって、ちょっと寂しかったこと、あったんだ……ボクだって、おんなじなんだよ……」



100328na108.jpg






ラースタ「だからごめんね……!ごめんねさーりゃん……!」

瑳音「ラースタちゃん……」

ラースタ「でもボク、センセーのこと大好きだし……さーりゃんのことも好きだし……
      ボク…………ボクは……っ」



100328na109.jpg







瑳音「もういいんですよ、ラースタちゃん……私もラースタちゃんのこと、大好きです。
    確かに私には利用されるような心の隙があったのかもしれません。けど、
    それでも私は、本心からラースタちゃんとマスターのことを応援してましたし、
    そのために希亜良さんとの仲直りだって後押ししたんです。
    マスターとラースタちゃんが仲良くしていてくれるのが、私にとっても幸せなんです
    信じてもらえないかもしれませんけど、私の中でそれらは矛盾しないんですよ」

ラースタ「さーりゃん……」

瑳音「私は今だって後悔していません。皆がマスターのもとに来てくれたこと、
    ラースタちゃんがマスターのところに嫁いできてくれたこと」



100328na110.jpg






瑳音「ラースタちゃんがマスターのところにきてくれて、本当に良かった……!」

ラースタ「さーりゃん……!」



100328na111.jpg






磋姫「感動的なところ大変申し訳ありませんが、ラースタさんちょっとお姉様と近すぎませんk」

ロードロケット「空気、空気を読むでござる磋姫殿」



100328na112.jpg






希亜良「ふん……ま、確かにいいものだな……」

磋姫「希亜良姉様、なにか?」

希亜良「いや、なんでもないさ……」
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 俺とお前とフィギュアロボ All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]